Entries

だらぼへ式ゲームレビュー:その2「ガチャフォース」


今回のお題はGCの3D対戦アクション「ガチャフォース」。
カプコン開発の「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」の流れを汲むゲームです。
ぷーん!(言語化不能)

宇宙からやってきた手のひらサイズのマシン生命体・ガチャボーグとともに、悪のマシン生命体・デスボーグと戦うというのがこのゲームの大体の話の大筋なんですが、あまり話を頭に入れてなくても十分大丈夫です。


ゲーム本編はステージ選択→フォースと呼ばれるチームを選択→戦闘開始!の繰り返しというシンプルなものに収まっており、会話デモとかも極力少なめに抑えられています。基本的には各機体に設定されている「コスト」が連邦vs.ジオン(以下「連ジ」)で言うところの戦力ゲージに当たる「GFエナジー」の上限内に収まるようにしてフォースを編成、そのフォースで戦っていくことになります。

操作方法は以下の通りです。
○アナログスティック
ガチャボーグの移動。短く傾けることでステップ移動も可能。
○Aボタン
ジャンプボタン。多段ジャンプとブーストジャンプがありボーグにより異なる。
○Bボタン
通常攻撃。間合いによって自動的に遠距離攻撃と近接攻撃が切り替わる。
機体によってはボタンを押しっぱなしにしてのチャージ攻撃が可能。
○Xボタン
特殊攻撃。
通常攻撃同様機体によっては押しっぱなしにしてのチャージ攻撃が可能。一部持ってない機体も。
○Yボタン
バーストボタン
バーストモードを発動させるときに使用。
○L・Rボタン
ロックオン切替
攻撃対象となる敵ボーグのロックを切り替える。
○Zボタン
味方ロックオン
押している間だけ味方ボーグをロックオンできる。

方向ボタン・Cスティックはフォース編成画面で使います。



連ジが「1種類のMSしか使わない変わりに、戦力ゲージが残っていれば何度でもそのMSで出撃できる」のに対し、ガチャフォースは「戦力ゲージの許す限り、複数の機体でチームを組むことができる」のが大きな違いでしょうか。
またゲーム中に登場するガチャボーグは全205種類。そのうちラスボスを除く204種全てが使用可能になるという太っ腹すぎてそんのないステキ仕様となっておりますが、手に入るのはその戦闘で倒したボーグのみ。どうしても欲しいボーグがでてきたら、そのボーグが出現するステージを選んで狩ることになります。さらに強力なボーグはデータクリスタル(通称DC)と呼ばれる2~5種のパーツを全て揃えないと手に入らないため、全204種コンプリートは至難の業です。さらに各ボーグにはクリスタル仕様をはじめシルバー、ゴールド、ブラックのレアカラー機体が存在する為、自力で全種コンプリートは至難通り越して苦行の道以外の何者でもなく(汗)。さらに一部ボーグには色違いのアナザーカラーまで。完全コンプリートを考えるとホント気が遠くなります。

ゲームシステムも連ジを踏襲しており「基本的に2対2のチーム戦」「相手のGFエナジーを0にすれば勝ち」というルールになってます。
ステージ決定後、パートナーキャラを選択することができますが、ステージによってはパートナーキャラが固定だったり、パートナーなしで戦うことになったりする場合もあります(2周目以降はパートナー無しを選択することも可能です)。パートナーとなるキャラとフォース編成傾向は以下の通りです。

○カケル
ニンジャボーグ主体のフォースを組んでくる。味方につけると可もなく不可もなくといった活躍ぶりを見せるので安心できるかというとそうでもなく、シュリケンニンジャの巻き添えにあうこともしばしば。
後述となるエキストラモードでは打って変わって高コスト機体で暴れまくる為、何があった!と驚くプレイヤーも多いはず。

○マナ
ナースボーグやウィザードボーグ等、防御的なサポートに適したフォースを組んでくる。特にナースボーグは貴重な回復ソースなので超重要。エキストラモードではナースボーグばかりなのでサポートにもってこい。
でもポップスハニーで大ドラゴンやアルティメットキャノンといった連中を回転させるのだけは止めてマジで。

○うさぎ
ガールボーグやエンジェルボーグをメインにフォースを組んでくる。
彼女のクイックワルキューレによる誤射は愛です。それ以外どう表現しろと?

○ツトム
タンクボーグをメインにしたフォースを組んでくるが、弱った敵を狙いに行く傾向があるため、所謂横取りをされやすい。
横取りされたのがレアだった日にゃあ本気で画面に向かってあらん限りの罵倒を叫びつつ、Zトリガーでロックオンして攻撃しまくる。マジで。

○キツネ
マシンボーグ中心のフォースを組んでくるスネ夫ポジション。しかしマシンボーグ自体耐久力が高めな為か横取りにさえ注意すれば意外と頼りになる。
でもマグネットロボだけは邪魔。ホント邪魔。

○ネコベー
登場人物中唯一の中学生で所謂ジャイアンポジション…のはずなのだが、どこをどう間違えたのか愛すべきヘタレキャラへ。
フォースはナイトボーグ中心。たまに近くにいると巻き添えを食らう。あとダメージ食らってるときのボイスが情けないッたらもうね!

○テツヤ
多分あんまし物事深く考えてなさそうな性格。ムシャボーグを中心としたフォース編成。
彼もたまに近くにいると巻き添えを食らうこと多々。

○メット
ミリオタ気質な小学生。相手の動きを封じたりといった妨害的なサポートに長けたフォース編成。
協力プレイ的な感じの台詞回しが特徴。また妨害に徹してくれるせいか、他の面々に比べれは比較的横取りが少なく、マナに次いでエキストラのパートナーキャラにする人も多いとか
ちなみに発売からしばらくの間性別論争が起きたとか起きてないとか。

○ユージ
ナックルボーグを中心としたフォース編成。意味不明な言動というかギャグが多いが気にしないように。
でも組む時ぐらいウォーキングボムはフォースから外してくださいお願いします。マジで。

○コタロー
ガンボーグ主体のフォース編成を組んでくる弟分みたいなポジション。
いつの間にかビームガンナー等高コスト機体が入っててびびる。

○ショウ
主人公のライバルとして立ちはだかる、初心者の壁。ウィングボーグを中心としたフォース編成。
彼との戦い自体がある種イベント戦闘みたいなもので、勝てば終盤で仲間になってくれる。

○オロチ
敵のGFコマンダーとして立ちはだかる強敵。しかし2周目以降ではちょっとした変化が…。

○タマ
敵として登場するものの途中から仲間に。フォートレスボーグ中心で編成されている為、高コスト機体で推してくる。
初プレイでラスボスをこいつに倒されたという方、多数。


各キャラともフォース編成のみならず、攻撃方針等の行動ルーチンで差別化がなされている為、スト-リーモードやエキストラでは(選択さえ間違えなければ)良きパートナーとして機能してくれます。と、かっこいいこと抜かしてる自分は殆どマナ一択ですが何か。だって貴重なダメージ回復ソースだし。

攻撃を当てる、若しくはダメージを受けるかでバーストゲージが溜まっていき、満タンの時にYボタンを押す事で一定時間バーストモードが発動します。バーストモード発動中は「リロード速度の上昇」「溜めうちのチャージ時間短縮」「味方同士の誤射ダメージの無効化」と一時的なパワーアップが可能になります。ただし、同時プレイの時はチーム同士のプレイヤーが同時に押さないとうまく発動しませんので、この辺は合図を送ってタイミングを合わせましょう。


ステージをクリアする毎にGFエナジーが10ずつ増えていきます(ステージによっては大幅に増えることもありますが)。GFエナジーの上限が上がっていくことで、最初のうちは低コスト機体数機でいっぱいいっぱいだったフォースが、次第に高コストの強力な機体を数機入れても大丈夫なようになってきます。

フォース編成はステージ選択画面からでも戦闘直前のフォース選択画面からでも行うことができます。
各機体にはそれぞれコストと呼ばれる数値が設定されており、このコストの合計がGFエナジー内に収まるようにフォースを編成していきます。もしコスト合計がGFエナジーを上回ってしまった場合は、コスト超過分に当たる機体が出撃できなくなります。なので、あれも使いたいこれも使いたいと無計画にボーグをフォースに組み入れても意味がありません。
ちなみにフォース編成画面ではガチャボーグの個体情報も見ることができます。その際Cスティックでボーグをあらゆる角度から鑑賞することができますが、拡大縮小はできません。ちっ。またAボタンを押す事でそのボーグの勝利ポーズを見ることができます。




ガチャフォース最大の特徴は「チームバトルの戦略性」と「収集欲刺激しまくり」、そして何より「なんでもありのハチャメチャっぷり」なんではないかと。基本的なゲームシステムは連ジそのままなんですが、ガンダムという枠を取っ払い、機体性能を好き勝手設定しまくった結果がごらんの有様だよ!状態なわけでして。
実際チームバトルとして捉えると、ステージに合わせたフォース編成は非常に大事でして、どうしても苦手なステージに対しては例えば射撃特化型のフォースを編成して遠距離から攻撃していくとか、逆に格闘重視型のフォースを組んで近接戦闘に持ち込んでもかまわないわけでして。さらに対戦プレイにおいてはサポートに徹するという選択肢もとることができます。実際自分も1周目の鬼門の一つと言っていいビームサテライト軍団には相当手を焼きまして、最終的にはGFエナジー限界まで編成したノーマルニンジャの大群で倒したのもいい思い出ね(遠い目)。



そして何より魅力的なのが各ボーグの性能。近接特化型なのもいれば射撃特化なのもいるのは当たり前。ボーグの中には戦車あり!戦艦あり!UFOあり!果ては変形メカに合体ロボだってあり!という、正におもちゃ箱をぶちまけたような顔ぶれになっております。さらに攻撃方法だって、自分が変身してパワーアップしたり、相手をゴキブリに変身させたり、味方の動きを速くしてみたり、逆に相手の動きを遅くしてみたり、ドリルミサイル撃ちまくりだったり、巨大化させてみたり、小っちゃくさせてみたり、さらには喰らったら一発で昇天確実な極太レーザーに、巨大すぎてそんのない爆風を起こすICBMとか。一体ドンだけ攻撃方法思いついたんだと突っ込みたくなるほどにその攻撃は多彩です。さらにパートナーキャラとの連携で、より有利に進めることができると思えば逆に余計なことしてくれたおかげで大混乱に陥ったり(大ドラゴンやアルティメットキャノンが大回転した日にはホント大ピンチですよ)、やけになって巨大化させまくったICBMタンクのファイナルミサイルでフィールド全土を焦土に変えてやることだって可能。ここまでくるともはや連携と言うより捨て身のギャグです(何しろ爆風>>フィールドという状況となる為、自分含めてみんな逃げ場なしという、対戦でやられたらもはや一同大爆笑するしか無いです、これ)。また高コスト機体はいずれ劣らぬ高性能を誇る為、場合によってはゲームバランスが簡単に崩壊します。が、それらを全て笑って許せてしまうだけの魅力がガチャフォースにはあるわけでして。

あとは204種に上るガチャボーグの中から自分にとってのパートナーボーグとも呼べる機体を見つけたときの快感たらもう脳汁出まくりです!
さらに複数のパーツが必要なボーグのレアバージョンが完成した時とかヒャッハー!!どころのテンションじゃないです。勢いのあまり、「い、今起こったことをありのまま話すぜ。レアボーグが完成したと思ったらいつの間にか新たなパートナーボーグになっていた。な、何を(略)」とかそんなことが普通に起きてもなんらおかしくないのがガチャフォースの恐ろしいところでございます。





2周目をクリアするとエクストラモードが解禁となります。これは「GFエナジーは2200で固定」「パートナーキャラのフォース編成が通常とは異なる」という状況で、これまでにクリアした周回とステージを自由に選んで遊べるモードなのですが、プレイヤーによってはこのモードを何百、いや、何千回とプレイしまくって欲しいボーグのレアバージョンを捜し求めるという猛者もいるほどです。自分はあまり狩りプレイとかはしないんですが、やっぱり戦闘中にレアバージョンが出てくるとテンション上がりますし、それが手に入れば思わず立ち上がってヒャッハーッ!!と叫ばずに入られません。…金と黒一種類ずつしかないですけどね……(白目)。

そんなわけでやればやるほど底なしの魅力を見せ付けてくれるガチャフォース、GC/Wiiユーザーなら是非ともと書いて是が非でもやって欲しいところです。

あ、女性型ボーグに萌え死ぬのもこのゲームの楽しみ方の一つですな。ボーグ説明画面でCスティックをぐりぐり動かして眺めるのもまた乙というものです。はぁはぁ。

最後に参考になるサイトを。

GFwiki

発売当時から現在に至るまで、各機体の運用方法やステージごとの出現パターン、果ては小ネタに至るまで、ガチャフォースに関するあらゆる情報が蓄積された、言うなれば数多のGFコマンダーたちの叡智の結晶とも言えるサイトです。その情報量の濃さは当時発売されていた攻略本を軽く上回るほどのもので、自分もプレイ当時はよくこのサイトのお世話になってました。

そんなわけで、



バリアガールは俺の嫁。異論は認める。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331