Entries

踊る踊るよハードコアレイブの巻

これまでのあらすじ。
時代はレイブですよレイブ!

というわけで、仙台勾当台公園野外音楽堂にて開催された「はんだやレイブ11春」に行ってきました。

このイベントの存在を知ったのは先月ツイッター上で偶然知って、参加DJの中に佐野電磁氏と遠山明孝氏が出ると聞いて、それ目当てで出かけたようなもんです。我ながらミーハー気質というか不順というか(苦笑)。

問題は仙台までの交通手段だったんですが、1日4本の高速バスが出てるらしいということで、朝一の高速バスに乗って向かいましたよ勾当台公園。途中迷ったけどな!(ぇ)

10時開幕だったんですが機材調整が難航したこともあって40分押しのスタートとなったんですが、実を言いますと自分、こうしたレイブイベントは初めて参加したんですが(閉幕のときにそれをちろっと言ったら、同じように始めて参加された方々と一緒にマイクぜめ受けましたが(苦笑))、とにかく野外で爆音でハードコアアレンジされた楽曲が次から次へと全身を駆け巡っていくうちに、最初は座って見てたんですが、2番手のDJ ysano氏辺りから全身がムズムズしてきましてですね?もう踊るしかないでしょこれ!状態!

そして舞台は3番手、DJ FOXYUN氏のパフォーマンスで一同大爆笑!子供向けっぽい曲を散々流しておいて、伊武雅刀の「私は、子供が嫌いです!」ってその切り返しはどうなんだ!と思わず内心で突っ込みいれつつも爆笑してました。さらに音源はカオスな方向に突き進んでいき、昔話まで突っ込んできたかと思えばマリー&ガリーリミックス突っ込んできたり、いきなり防護服に着替えてパフォーマンスしたりと、もうブレーキを取り払ってフルスロットルで爆走するダンプカー張りの暴走振りに、もしかして自分はカオスの総合商社に突入しちまった?と錯覚することしきり(笑)。でも不思議とものすごく引き込まれるんですよ。自分でもわからないうちに踊っちゃえぇぇぇえええ!みたいなテンションになっちゃって。ええ。

またこのレイブイベントの特色として、野外イベントということもあってか参加費は無料なんですが、その他に配信物として「飲食物」があるという点。これ、普通で考えると「ワンドリンク付」みたいに思われるでしょうが、実際はというと豚汁・野菜カレー・チョコバナナ・ココアアイス・今川焼き・カレーうどん・チリビーンズスープ・巨大ハンバーグと様々。これ、全部本当に出たんですよ。しかもタダで!(汗)
合間合間に自分もいくつか頂いたんですが、どれもなかなか美味しくて正に「はんだやレイブ」の名に恥じない品々でした。

DJ FOXYUN氏のカオス空間が終わった後はいよいよ佐野電磁氏の登場!
「えー、今日はー、営業に来ましたー!」
いきなり電磁氏の軽妙なトーク炸裂で場内大爆笑。ちなみにこの出番の直前まで電磁氏呑んでました(実話)。トークの合間にも「もー、酔っ払っちゃって!」と笑わせにかかってきます。そんな電磁氏のプレイはというとDS用シンセサイザー「KORG M10」を使用した実演プレイ…というか実演販売(実話)。というのも電磁氏会場にKORG M10を10本程と自身のオリジナルアルバム10枚くらいを持ち込んで実際に行商よろしく手売りしてました。自分もオリジナルアルバム購入してサインも入れてもらいました。これ死ぬまで家宝にするわ、マジで。ちなみに持ち込んだ分、電磁氏のプレイが終わった後無事完売となりました。めでたしめでたし。
さらに気をよくした電磁氏、現在製作中だというてt(ざーごにょごにょ)の音楽を2曲、先行公開しちゃいまして!「まあディレクターの人来てるし大丈夫かなー」みたいなノリで大公開!最初に公開したダブステップと呼ばれるジャンルの曲をかけてる最中、偶然ベンチの上でリズムに合わせて踊るようじょを見つけ「もうこの子もノリノリだねぇ!」と一同大拍手。さらにもう一曲は珍しい3拍子の曲。どちらも「ボツにならなければ聞けると思います」とのことでした。終始軽妙なトークで場を盛り上げる電磁氏のステージはホント愉快でこれだけでも来た甲斐があったなと思いました。

そんな電磁氏の後を受けて登場したのはDJ soundtracker氏。KORG DS10とKORG M10による楽曲で場を盛り上げてくれました。ちなみにsoundtracker氏、実は同郷とのことで、意外なところに意外な方はいるものだなぁと感心することしきり。

その跡に登場したのはDJ AJURIKAこと遠山氏。塊魂から始まって氏の関わってきた楽曲が次々とノンストップで披露されていきます。自分も中盤からもうノッてきて跳ねまくり!ラスト近くではアイマスファンにはおなじみNext Life!常々でかい箱とかライブ会場で聞けたらと思っていた曲が野音というすばらしい環境で聞けるなんてただただ感動ですよ!そして締めの曲に持ってきたのはTHE iDOLM@STER 2nd-MIXのフルバージョン!これが聞けただけでも来た甲斐があったというもんです。ちなみに何故かプレイが終わった後スタッフから「あじゅにゃんと呼ばせてください!」と言われ会場から一斉に「あじゅにゃーん!」コールが(笑)(これに対しツイッター上で遠山氏が「次出るときは『あじゅにゃん』で出ますw」とコメントされてました)。

さらに野音レイブという名の宴は続き(途中ブレーカーが落ちるというトラブルもありましたが)、9番手のDJ LALA氏に至ってはロッテルダムテクノでガンガン攻める攻める!ロッテルダムテクノ大好きな自分としてはもう垂涎物のラインナップで跳ねまくりヘドバンしまくり!ちなみにこの時点で18時回ってましたが、ここまできたら最後までいなきゃ損でしょ!

10番手のDJ AVS氏はのっけから選曲がフルスロットル突破してまして(笑)、いきなりそんな曲を持ってきますか!と吹っ飛んでみたり、中盤のネタ曲でフルスロットル飛ばしてきたと思ったら締めの曲でも吹っ飛んでみたり。生まれたときからどんぶりめしー!

大トリを飾ったのはこれまで参加者の胃袋を満足させてきたDJ d-dog氏!既に20時近くになろうというのに大音量爆音ノイズテクノで参加者の耳とハートを満足させにきます!ここまできたらやっぱ跳ねなきゃ損でしょ!

とまあ最終的に終了したのは20時半。10時間に及ぶ長丁場ではありましたが、なかなかに充実したレイブイベントでありました。正直電磁氏と遠山氏のプレイが見られたらいいやとも思ってたんですが、DJ FOXYOU氏の激しすぎるプレイに魅せられてしまい、他のDJ達の競演も素晴らしく、また足を運びたい気持ちでいっぱいになりました。また来年(もしくは秋?)に開催されるときにはもう一度足を運んで踊りまくろうと思います。

ちなみに開会の音頭と閉会の音頭のナレーション、スタッフの伝によりDate-FMの石垣のり子アナによるものだったそうで。なんというナレーションの無駄遣い(笑)。

2件のコメント

[C97]

初めまして。
私も地元でこのようなイベントがあると聞いて、
今回初参加でしたがものすごく楽しかったです。

こういうイベント自体初めてだったので、
イマイチノリが分からなかったのですが、
DJ FOXYUNさんあたりで踊らざるを得なくなってガンガン踊ってました。
FOXYUNさんは防護服着て放射線測定とか、
オサマ・ビン・ラディンとかいろいろヤバ気なネタもさることながら、
個人的に最もアガったのがダルマ薬局のCMソング(笑)
地元民の習性ですね。

佐野電磁さんは酔っ払い親父の悪ノリっぷりが最高でしたね(笑)
まさかの実演販売にも大爆笑でしたが(笑)

残念ながら7時頃に帰らなければいけなかったので途中で帰ったのですが、
DJ AVSさんなんかブッ飛んでてて楽しそうでしたねー。
つくづく途中で帰ったのが惜しい…

しかしこのイベント、年一回開催は惜しいなぁ。
半年に一回とかやって欲しいです。
DJの方々の負担を考えずの放言ですが(笑)

次回も絶対参加するので、ぜひぜひよろしくお願い致しますー。

[C98]

>しめじさん
こちらこそはじめまして。
自分も最初の方は勝手がわからなかったんですが、FOXYUN氏あたりからもう踊らなきゃ損だ!みたいなノリでノッてましたね。
ダルマバーゲンはかなりの反則な飛び道具でしたね。というかFOXYUN氏自体が強力な飛び道具と言うかw

電磁氏の悪乗り全開な実演販売も大盛況に終わったみたいで何よりでしたw

自分は最後の方までいたんですがDJ AVS氏のネタもかなり危険すぎて大丈夫なのかとハラハラしながらもノッてましたw

次回開催があったら自分も迷わず飛んでいくと思いますので、その際はよろしくお願いいたします。
  • 2011-05-25
  • みなもりゅうぞう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331