Entries

幕張戦記ワンフェス -2013・冬の陣- その4・その他版権とか諸々編

○その4・その他版権とか諸々編。
WFの楽しみの一つに、ニッチ過ぎるオリジナル造形物とか、意外な版権キャラが立体化されていたりとか、思わず噴出してしまうものから、ちょっとほのぼのとするものまで、いろいろと楽しいアイテムとの遭遇がありまして。そんな版権キャラからオリジナルまで、さまざまな造形物を一挙ご紹介。

○ZOOMOTH様


アーサー(超魔界村)
所謂キン消しサイズでの立体化。「俺に強大な魔力を!(CV:立木文彦)」のボイスが流れたら間違いなくナムカプに影響されてます。塗装次第で銀の鎧にも金の鎧にもなります。

○TRUESTE様

佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)
杏子のドールヘッドとドール衣装。60cmドール用なので間近で見るとすごい大きいです。残念ながら多節槍は付いておりませんのでそこは自力で。アイマス編でも2つのディーラーさんが出展してたけど、今回はドール衣装とか結構見た気がするなぁ。

○H2-project様

暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
めがほむ!めがほむ!…取り乱しました、失礼。それはさておき、めがほむの人気も意外と高いですなぁ。

○関帝鋲様

未来ガジェット「もしかしてオラオラですかーッ!!」&「モアッド・スネーク」(シュタインズゲート)
未来ガジェットがまさかの立体化!1/12サイズなのでfigma紅莉栖やオカリンと絡めて遊ぶことが出来ます。「ここをこうするのね」「うわー!助手!ここで使うんじゃない!」

ゲルバナ&バナナ(シュタインズゲート)
バナナとゲルバナも1/12サイズで再現。「牧瀬氏、今のもう一回」

歯車台座(大)(シュタインズゲート)

歯車台座(特大)(シュタインズゲート)

歯車台座(特大)(シュタインズゲート)

figma用ベース ラボメンバッジ型(シュタインズゲート)
シュタゲ風figma台座もこのラインナップ。お好きな台座を選んで飾りつけよう!特大を使えばXBOX360版初回限定版ジャケットイラストが再現できる…かも。

クーフくん(けものまっしぐら)
BMS作曲家であり絵師でもある四葉かげろう氏デザインのケモショタ少年の立体化。今回は展示のみでした。というか一目見て「あれ?これ四葉さんのキャラじゃね?」と思った次の瞬間には既に撮影モードに入っていた自分。

○トリスメギストスの杖様

ワルキューレ(ワルキューレの冒険)
やや細身な印象を受けますが、全体のシルエットとしては十分まとまっています。盾の裏側もしっかり作りこんであります。

○EDGE様

ナコルル(サムライスピリッツ)
ナコルルのフルアクションフィギュアキット。リボルテックやモデリングサポート等、関節パーツが別途必要になりますが、ナコルルアクションフィギュアまだー?とお嘆きの貴兄にはぴったりです。左手平手パーツ付。

○GARAGE TAKASE様

タイタンロボ(ガチャフォース)
これ見た瞬間オイラの中のGFエナジーが再燃ッ!そのくらい出来いいですこれ。おそらく変形はしないと思いますが、それでも今にもタンクモードに変形しそうな佇まい…大型マシンボーグのロマンがここにありました…。

○Z・Project+購買部様

東北ずん子(東北復興支援キャラクター・東北ずん子)
東北復興支援キャラ・東北ずん子もフィギュア化されてました。着物から伸びる太ももがまぶしいですな。多分このディーラーさんを中心に半径数mの範囲で食事がずんだ餅に変わったものと思われます(ないから!ないから!)。ずんだアローって枝豆が延びたような形だったんですね(汗)。しかしずん子と聞くと元ナムコの作曲家・小沢純子氏を連想するオイラ…(多分同意者多数)。

○son様

佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)
こちらは迫力のある杏子。多節槍のうなる様を支柱で表現。杏子は暴れまくる姿のほうが似合う気がするのはオイラだけでしょうか。いや、あのシーンの杏子も好きですけどね。

○ブリッジの部屋様

ヤサコ&デンスケ(電脳コイル)
電脳コイルも根強い人気を誇ってます。物悲しげな雰囲気がよく表れております。

○Ceramic atelier.S様

うーぱ貯金箱(シュタインズゲート)
ディスプレイがイカス一品。陶器ならではの光沢と質感をお楽しみください。ちなみに取出し口は底にあるふたを開ければでてきます。なので漫画でよくある「涙流してぶたさん貯金箱を破壊して中身を取り出す」という状況にはなりませんのでご安心を。

○Youre Fired!様

ロボカイ(ギルティギアゼクス)
あの暴走ロボット、ロボカイをフルアクションフィギュア化。イメージイラストのような座り方はもちろん。

あの駄目駄目ラッシュも完全再現!駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目!(このあと熱暴走)

○RED FOX様

那須与一・島津義久・織田信長胸像(ドリフターズ)
首置いてけ!なぁ、首置いてけ言うてたら自分らが首置いてかれてたの巻。ヒラコーデザインにかなり忠実な立体化です。

レイレイ(ヴァンパイアハンター)
レイレイをかなり肉感的なボディで立体化。仕込み腕がそのままスタンドになるというのはよく考えられたデザインです。

キャミィ(スーパーストリートファイターII)
キャミィもかなりの肉感的ボディで立体化。プロポーションももちろんなんですが、かなり人体関節の特徴を捉えて立体化されてるなぁと足の付け根を見てうなったり。

○おうめたん様

舞台装置の魔女(魔法少女まどか☆マギカ)
まどマギのラスボス、ここに降臨。スカートの中の歯車まで完全再現。まどマギの魔女はお菓子の魔女の方が人気はあったんですが、ラスボスの立体化は珍しいですね。

○HC様

巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
私服姿のマミさん。この衣装でも目立つ胸…流石です(何がよ)。あとキュゥべえ、そこをどけ。見えん(何がだよ)。

こちらは魔法少女の衣装。やっぱりこの衣装だとくっきりはっきり目立ちますな、胸(そこから離れなさい)。

○紙鬼様

紙の力を魅せてやろうとな!?一体どういう意味なのだ!?

葛葉ライドウ(デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団)
なんとこれペーパークラフトによるフィギュアなんです。ペーパークラフトを出展してくるディーラーさんは結構何件か見かけるんですが、人物のペーパークラフトフィギュアは初めて見ました。その密度にただただ圧巻。

こちらは台座・ポーズ違いのライドウ。間近で見てようやく「本当に紙で出来てるこれ!!」と驚かれる方も多かったほどのクオリティ。

紙製の般若の面も飾られておりました。複雑な形でも紙でここまで立体化できるんだなぁ、とペーパークラフトのすごさを再確認。

○リキッドストーン様

美樹さやか(魔法少女まどか☆マギカ)
さやかのデフォルメモデル。支柱パーツで剣乱射状態を完全再現。

こちらは魔女化寸前のさやか。関節パーツ同梱で動きます。

巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
ティロ=フィナーレ用砲台型台座付。乗れます。一斉射撃シーンも支柱パーツで完全再現。

佐倉杏子(魔法少女まどか☆マギカ)
こちらも関節パーツ同梱。関節パーツ同根は他所の素材から持ってくる必要がなくて便利ですな。

ちなみにこちらが杏子フィギュアの全パーツ。カラーレジン+瞳デカールでガレージキット初心者にも安心な内容になってます。

五人揃って。本編でもこのシーンは見てみたかった?

○イグルーシカ様

(左から)ウォクス=イグニス・ウォクス=リンファ・ウォクス=アウラ(輪廻のラグランジェ)
直線と曲線の入り混じった幾何学的なデザインは、改めて航空機モデルとしてもその秀逸さを感じさせます。

○またどら様

へべ(へべれけ)
あの癒し系UMA(データイーストクロスサンソフトより)がまさかの立体化!うぴょーあたーっく。

○新来労様

デンスケ(電脳コイル)
こちらはデンスケ単体キット。ブースではジオラマに飾られてましたが、木製ベンチにも飾られてました。置物としても秀逸?

○GARAGE TWIN HEAD様

ZERO(ZERO DIVIDE)
ZOOMの名作格ゲー、ZERO DIVIDEから主人公格の攻性プログラム・ZERO。ファイティングポーズが様になってます。

こちらは2Pカラー。決めろエグゼブレイカー!

TAU(ZERO DIVIDE)
こちらはサソリのような尻尾と四足歩行がトリッキーな攻性プログラム・TAU。ホイールバギーで相手をひき倒せ!

○あみぐるみ屋様

お菓子の魔女の手下(魔法少女まどか☆マギカ)
お菓子の魔女の手下をあみぐるみで再現。こうして見ると結構かわいらしい…?

お菓子の魔女(魔法少女まどか☆マギカ)
こちらはお菓子の魔女本体。こうして見るとかわいらしいんですが、マミさんとの戦闘を思い返すと…やっぱ怖い(汗)。

そしてこちらは等身大あみぐるみ。でかい!マミさんは…こんなのと戦ってたの…!?(CV:美樹さやか)

○m-pool様

ガラス製のカエルの置物。おたまじゃくしもガラス細工です。水面とおたまじゃくしの立体感は、透明樹脂を何層にも重ね、その層の間におたまじゃくしを置くことで再現してるとのこと。

ビン詰めカエル。こちらもものすごい手間のかかった一品です。

こちらはカエルのアクセサリー。ちょっとしたファッションアイテムに良さそうですが、ガラス製を考えるとちょっと着けて歩くには勿体無いかなという気もします。

○無敵艦隊様

ガーゴイルマスク(ふしぎの海のナディア)
これ見た瞬間ネオアトランティスのテーマ(ジャーンジャッジャッジャン!ジャーンッジャッジャッジャンッ!で始まる例のアレ)が流れてきたのは内緒だ!というかこれさえ着ければ世界制服くれー軽ーくやっちゃいそうだ((c)ヒラコー)。

Ν-ノーチラス号(ふしぎの海のナディア)
発掘戦艦エクセリオンは原型のみの展示。かなりの完成度ですがこれでもまだまだ改修中とのこと。完成が気になります。

○まん点工房様

マリオネット(マリオネットカンパニー)
知る人ぞ知るマイクロキャビンの育成SLG「マリオネットカンパニー」からヒロインとなるマリオネットを。これやってた当時は「片手ライフルとかないの?」とのたまいながらやってたもんですが(そりゃアーマードコアだという突っ込みは常時受け付けております)、これ見てたら懐かしくなっちゃいました。PS版手放してなかったらまたやり直してみようかな。

○ぱてごねや様

アニス・ファーム(超音戦士ボーグマン)
ちょっと懐かしいキャラに会えるのもWFの醍醐味だったりします。ところでボーグマンの本放送いつだったっけと思ったらオイラが中学時代のときのアニメなんですよね…ということは20年以上前ってこと!?(白目)しかしアニスは今の視線で見ても十分通用するデザインですよね。ミニのタイトスカートにニーソックスとか衣装デザインとか。

○ツクヨミクラフト様

ディードリット(ロードス島戦記)
これまた懐かしいキャラを。ロードス島も20年以上前の作品になりますか…早いなぁ。多分家の押入れ引っ掻き回したらロードス島コンパニオン出てくるぞ。しかし「日本人が持つエルフ像の基本」となっただけあって、そのデザインは洗練されたものがありますな。流石出渕氏デザイン。しかし抜刀してるディードって珍しい気もしますね。

○スノー☆キャット様

暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
まさに戦闘の真っ只中のほむらさんというイメージ。台座のデザインも盾の時間停止能力をイメージ。なかなかに凝ってます。

○meisterSinger様

天使虫リトル(バロック)
SS・PSの隠れた名作アクションRPG・バロックからマスコット的存在の天使虫リトルを3体セットで。後に彼らが主役の縦スクロールSTGが作られるなんて誰が想像したろうか。いや、してない。ジェイロロム等の異形たちにも期待しちゃったり。

○f-face/plastica様

浅井真紀氏が提唱するプロポーション・稼動検討体として発表された素体人形、マシニーカ「F」。個人活動範囲内での改造や対応規格の改造部品に関しては制限をかけることなく自由に遊んでいただけるほか、企業向け素体としての運用も視野に入れているとのこと。これだけ見るとなんだか過ごそうなプロジェクトに見えてきますね。ただこれ見たあと相方と「ここで新素体の発表だなんて、コンマイさんとうまくいってないのかしら」とちょっと心配になりましたが、まあその辺は今後のコンマイさんの動き次第ということで。

幼児型フィギュア素体・ファニーカ。シルバニアファミリーの小道具とあわせて展示されてました。

こちらは学習机セットと。
しかしいくらなんでもアオシマの1/12トイレセットに触発されたとはいえ、というかシルバニアファミリーのトイレセットと組み合わせるのは正直どうかと(汗)(一応写真は撮ったんですが自主規制とさせていただきます(汗))。まあシルバニアファミリーにこんな小道具があったこと自体驚きなんですが(汗)。どんな様子だったのかについてはWF前に浅井氏ご自身のツイッターで公開されてましたのでそれを見てくれとしか(汗)。

○バレットモンク様

ソニック(ソニック・ザ・ヘッジホッグ)
DC版ソニックアドベンチャー以降のソニックを立体化。こうして見るとMD時代から比べると手足も伸びてすらっとした体型になったんですなぁ。

○げんれい工房様

提供メガネ。これさえあれば何時でも何処でも所謂「提供目つぶし」を再現可能!視野範囲に関しては…知らんッ!

挫折禁止標識。そのネーミングも秀逸ですがそれを実際の標識デザインに落とし込んだセンスも見事です。下のプレートは選択可能です。


梵字をあしらった封印テープ。あくまで冗談アイテムなので実際に効果があるかどうかは…わかりません(汗)。まあ、誰にも見られたくない黒歴史的なものを封印する時に使うとよろしいのではないでしょうか。

防犯用蛍光カラーボール(死球版)。カラーボールとありますが、死球版と銘打ってるように、中に錘が入っており見た目以上に重いです(実際サンプルがあったので持ってみましたが、ずしっときました)。

使い方はこの通り。4が抜けてますが気にしないことにしましょう。

駆け足で見てきましたが、懐かしのキャラあり、ニッチなアイテムあり、ほのぼのとするアイテムありでなかなかに楽しめました。またカラーレジンを多用した「組むだけで彩色通りの出来になるキット」も大分定着してきた感があります。塗装が難しそうでちょっと…とかなかなかガレージキットの組み立てに踏み出せないでいる方にもその裾野がより広がることを期待しております。また素材の方もレジンキットからペーパークラフト、ガラス細工と多様性を見せてくれるのもWFならではといったところでしょうか。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331

最近の記事