Entries

幕張戦記ワンフェス -2015・冬の陣- その1・企業ブース編

前回のあらすじ。
宿着いて、風呂入って、フルーツぎうにう飲んで、床就いて、気がついたら睡眠時間2時間半とかそんな。


というわけで、行ってきましたワンダーフェスティバル2015冬(以下WF)。今回は2月8日の開催でした。
今回は前回の反省を踏まえて、見る所をなるべく減らして回ってたんですが、やっぱり後で寄り忘れたディーラーさんに気づいてアイトァーな目にあっちゃったりしましたが、満足のいく一日でございました。欲しかった厳選アイテムも結構買えましたし。この辺はまとめ編の方に載せますが。

では今回も各ディーラー様による力作を、見てきた範囲内でガンガンご紹介していきますですよ。

※今回も撮影許可をくださいましたディーラー様には、この場を借りてお礼申し上げます。なお記述違い等何か不都合な点がありましたら、コメント等でご連絡をいただけると幸いです。

○その1・企業ブース編
相変わらず企業ブースは特定企業しか見てこないという体たらくなのですが、まあ原型公開を見る事のできる数少ない機会ということで。全部回ってたら時間いくつあっても足りないですから。というか今回残り1時間というタイミングで何とか見てきた感じでしたしね。

○R.C.ベルグ様

「沙羅曼蛇」からビックバイパー。実はR.C.ベルグ様は予定にはなかったんですが、出発当日さざなみ壊変さんのニュースを見てたら突然このニュースを知って「やだ!見に行かなくちゃ!」とケツイしたとかそんな。原型を数々のSTG機体を手がけてきた伊世谷大士氏が、リファインをガンダム00やダライアスバーストを担当された海老川兼武氏が担当という、何その贅沢タッグな組み合わせでお届け!

こちらも「沙羅曼蛇」からロードブリティッシュ。こちらも伊世谷氏原型・海老川氏リファインというタッグで。これまでに発売されたビックバイパーやロードブリティッシュのモデルに比べると、かなり鋭角的なデザインになってますね。

○海洋堂様

海洋堂新ブランド「メガソフビアドバンス」。大スケールのソフビフィギュアなんですが、その新作が発表されてました。こちらはウルトラマンAタイプ。ウルトラマンは幼少期バンダイの洗礼を受けてたせいか、ソフビフィギュア=ウルトラマンという図式が刷り込まれてしまいまして。それを抜きにしてもなかなかの造形美を見せております。

サンダーバード2号。サンダーバードメカの中でも最大の人気を誇る機体もソフビで再現。そのサイズと精巧さに思わず息を呑みました。ディスプレイでも飾られていたんですが、既発売の特撮リボルテック・ドリルモグラと並べて楽しむという手もあり。

エイリアン。改めてH・R・ギーガー氏のデザインの美しさに見惚れる一体。てらてらした肌の質感とソフビの素材感が合わさりかなりの存在感に。

メガソフビアドバンスは何も架空の存在だけを扱うわけではなく。こちらはシロナガスクジラ。でかい!この存在感がたまりません!そこ、思わずふらーいーんざむーとか歌わない。自分も歌いそうになったけど(汗)。

1/35陸上自衛隊機動戦闘車試作タイプのレジンキャストキットが発表に。完全受注生産ということなので、欲っすぃー!たまらなく欲っすぃー!という方はお早めに!

「モリナガ・ヨウの立体図解・富士山」。海洋堂様は意外とこういう仕事もしています。これさえあれば何時でもどこでもふっじっさーん!ふっじっさーん!高いぞ高いぞふっじっさーん!実際に理科教材としても社会科教材としても使えそうですね。

内藤泰弘氏の漫画「血界戦線」からクラウスとザップの二人がリボルミニで立体化。原型担当はもちろん山口勝久氏。内藤デザイン+ヤマグチ原型のタッグは期待できそう。

「リボルミニ・キン肉マン」からはキン肉マングレートが登場。キン肉マンと組んでタッグを再現するもよし、既に発売中の超人たちと組み合わせて48の殺人技を再現するもよし!ボーナスパーツとしてキン肉マン用牛丼ハンドセットが付属。

「メタルギアソリッドV」から主人公ヴェノム・スネークとTPPソ連軍兵士がアクションフィギュア化。こちらも劇中のアクションシーンを再現可能です。しかしこうして見るとヤマグチ式可動はすごいなー。

カプセルフィギュア・カプセルQからも新製品が発表されてました。こちらはヤモリに焦点を当てた「ヤモリ大全」と、外来種をテーマにした「日本の動物コレクション別巻・外来生物 新たな仲間たち」。相変わらずのクオリティの高さに財布のひもが緩くなりそうな。

「海洋堂×艦隊これくしょん」は、意外ッ!それは胸像フィギュア!しかも中破仕様!全6種予定とのことですが…こっそりシークレット忍ばせてきそうなのが海洋堂様のおっかないところ。提督諸君、財政状況は大丈夫か?

「パシフィック・リム第2弾」と「進撃の巨人」のカプセルフィギュア。…え?第2弾?ちょっとパシリム第2弾とか、何時の間に第1弾出てたんですか!?と叫びそうになったのをぐっとこらえながら撮影してました。でもこっちには入りそうにないかもなぁ。進撃の巨人の方は獣の巨人が初立体化だそうで。注目です。


「ダイコンIII&IVオープニングアニメの女の子」。ダイコンは自分もわずかな伝聞でしか知らないのですが、知る人が見たらかなり熱狂しそうなアイテムになりそうです。デザインがいかにも80年代でいい感じですなぁ。

原型師・ボーメ氏もなにやら動きがあるということで、アスカフィギュアの製作途中の原型が展示されてました。実際に原型を製作されてる方には見慣れた光景かもしれませんが、完成品フィギュアしか触れたことがないという方には新鮮に映ったのではないでしょうか。

宮脇専務プロデュース・センムの部屋シリーズからもアイテムが。こちらは特撮ドラマ「怪奇大作戦」のトータス号と、アニメ「未来少年コナン」からギガント。一緒に映ってるラナが気になります。

こちらは発売予定からタイタニック号。あの映画を思い出すもよし、衝突事故の悲劇に思いを馳せるもよし。

可動仏像という新境地を開拓した竹谷隆之氏の新作は、自在置物と銘打った骸骨フィギュア。双首とか四つ腕とか色々考えられているようですが、はてさて。

アイディアスケッチとともに。竹谷氏のデザイン画と原型を見比べて楽しむというのも、WFならではの見せ方ですね。

○ゴッドハンド様
模型メーカーではなく工具メーカーなのですが、その存在感は無視できないものへと成長しました。と言っても写真点数は少なめですが(汗)。

ケロロ軍曹とのコラボアイテム、「ケロロニッパー」。初心者でも扱いやすい設計で、刃元にはケロロ軍曹の刻印入り。さらにお値段もリーズナブルと、まさにこれからプラモを作り始めるという方を強力サポート。ちなみにニパ子ちゃんとは、ゴッドハンド公式キャラクター。ガイドラインを守れば版権フリーということで、一般ディーラーからも結構な数のフィギュアが製作されてました。この辺は一般ディーラー編でも触れますのでお楽しみに。

体験コーナーにて。ずらりと並んだゴッドハンド社製ニッパーの数々。ガレージキット製作に最適なレジンキット用ニッパーなるものも開発されてました。アルティメットニッパー、買ったはいいけどまだ積んでるなぁ…(汗)。WFレポ書きあがったら積んでるプラキット崩そう。

○セガ様
セガ様は主にプライズ景品用フィギュア中心で。

「GF(仮)」からメインキャラ4人を立体化。

村上文緒とクロエ・ルメール。クロエはサービス開始時の頃のCMの丹下桜さんのナレーションにやられたという方も多いのでは。

椎名心実と櫻井明音。

「ラブライブ」からはμ'sのメンバーがフル参戦。


残念ながら東條希だけパネル参加でしたが、他の8人は既に立体化完了。こうなると逆に希にも期待が高まる?

セガ×電撃文庫という組み合わせが話題を呼んだ対戦格闘、「ファイティングクライマックス」から、参戦キャラが続々立体化。しかし最近の電撃文庫はほとんど読んでないという体たらく!おーのー。

里見蓮太郎と高坂桐乃。

司波深雪とアスナ。

姫柊雪菜。

逢坂大河。

湊智花。

御坂美琴。短パンチラは健在。

平和島雪雄と黒雪姫。

キリト。アスナと一緒に飾りたいところ。

シャナ。電撃文庫を代表するキャラというイメージが。

「艦隊これくしょん」はセガも参戦。今や艦これの顔とも言える存在に成長した島風。現在監修中とのこと。

夕立改二と時雨改二。手つなぎパーツ同梱でしょうか。このように二人並べて飾ることも。

川内改二。こちらも現在監修中との事で。クオリティアップが期待できそうです。

そして「らき☆すた」から泉こなたが艦これ電撃参戦!マジか!マジだ!ということで島風コスこなた。連装砲ちゃんもかがみやつかさ、みゆきをイメージした表情に。こういうコラボネタ、ナイスです。

アトラスブランドもセガなら無条件で出せます!ありがとうセガ!ということで「ペルソナ4」から女性陣フィギュアが登場。久慈川りせ、マリー、天城雪子が出陣。

アニメ「ヘヴィーオブジェクト」からメインキャラフィギュアが登場。クリスマスフィギュアは参考出展。

キャラ名が表示されてなかったので失念しちゃってますが、こちらの2体は現在監修中とのこと。

スポット投入のものも。ちょっとググってみたらこちら電撃文庫からのアニメ化だそうで。電撃文庫原作アニメ多いなぁ。

「ファンタシースターオンライン2」からはプレミアムくじが登場。そのA賞を飾るのはクーナ ゼルシウススタイル。背面武装とそこからちらりと覗くおしりがたまりません。

「初音ミク」からはナチュラルと題した私服ミクさん。めがね!メガネ!眼鏡!(重要なことなので3回叫びました)

こちらはいつものコスチュームのミクさん。もうすっかり見慣れた感もありますが、こんな風にまだまだ見知らぬ表情があることにビックリです。

○ボークス様

ボークスが展開するブロックトイに新たな仲間が。その名も「ジョイントフレーム」ッ!板状のパーツを積み重ねたり並べたりすることで骨組みを作ることが可能という、なかなかに頭を使いそうなアイテム。

こんな感じで頭部パーツとか作れます。

頑張ればこんな騎乗イメージのフレームを組む事だって可能!すごい!

そしてオリジナルの武装パーツも登場。ソルジャーアーマーIII・ガン&チェーンソー。ごつい!欲しい!こういうアイテム大好き!

ボークスといえば「ファイブスター物語」。というわけで新作はテロルミラージュ。1/100スケールにこれでもかとディティールを詰め込んだ一品に。インジェクションキットなので初心者でも安心。

そしてもう一体はAトールBS Swans。こちらは1/144スケールで。その存在感は見事と言う他なく。

発売中のバッシュ・ザ・ブラックナイトと組み合わせて劇中の戦いを再現しよう!

「ボトムズ外伝 青の騎士ベルゼルガ物語」からベルゼルガ テスタロッサが登場。

格納ポーズもしっかり取れます。もちろん細かなディティールも再現。むせる。

組立式レジンキットフィギュア・キャラグミンも色々登場。まずは「ガールズ&パンツァー」からあんこうチーム5人勢ぞろい!1/16スケールということで結構大きめ。作り甲斐がありますな。

会場にて先行受注を受け付けていたIV号戦車D型ベース。1/16スケールなので先ほどのアンコウチームをかっこよくディスプレイできます。これで戦車道を再現しよう!

こちらは1/35スケールサイズのあんこうチーム。ちょっと細かくなりますが、デスクトップに飾るには丁度いいサイズですかね。

立ちポーズのあんこうチーム。こうして見ると、戦車道とは青春なんだなぁと思わせてくれます。

「ラブライブ」がキャラグミンをも席捲!こちらもフルメンバー参戦で華やかに。キャラグミンシリーズはレジンキットは難しそうという方にも十分間口が広いと思いますので、これを機に作ってみては?

キャラグミンは美少女キャラだけじゃない!ということで「キャプテン・アース」からアースエンジンインパクター。塗装状態と無塗装状態との比較も展示されてました。

こちらが無塗装完成品。これだけでも十分カッコいいんですが。

スミ入れやデカール貼りを行うだけでこんなにカッコよくグレードアップ!一歩踏み出す勇気があれば、ここまで見違えるような変身を遂げます。まあこれはプラキットにも言える事なんですけどね。

キャラグミン・「ヱヴァンゲリヲン」からはメインヒロイン三人そろい踏み…ん?「アヤナミレイ」…?ここにきて新たな謎がーッ!?

ボークスといえばドールシリーズ、「ドルフィードリーム」も忘れてはいけないジャンル。その新作はなんと雪ミク。美しい…。ドールは本当に沼だよーと思える一体。それにしても…見惚れるわぁ…。

○コトブキヤ様

「怒首領蜂大往生」からTYPE-A機体がプラキット化!マジか!マジだ!まだ斑鳩白も積んだままだし、斑鳩黒も銀鶏もR-GRAY1も買ってないというに!?詳しいことは聞いてこれなかったんですが、これの原型、前述の3機同様伊世谷大士氏かなぁ。だとしたら期待が高まるのですが。

「HMMゾイド」からコマンドウルフ アーバイン仕様がリパッケージで登場。買い逃した方には朗報ですな(含む自分)。こうなってくると積んでるブレードライガー組まないといけなくなってくるな。

そしてHMMゾイドが休眠期間を終えてストライクバック!その鏑矢を勤めるのはデススティンガー!マジか!マジだ!あれトミー版も結構なボリュームでしたので(コントローラー接続で自在に走行可能とか、今考えるとなかなかすごいアイテムでした)、HMMでどのように進化するのか、必見ですな。

そしてそして、新たなブランドとして「1/100スケールアクションフィギュアシリーズ」ラインも登場!その第一弾となるのはッ!意外ッ!それはムラサメライガー!マジか!マジだ!HMMでの経験値がここに生かされた形になりそうです。ディティールやムラサメライガー特有の胴体についたブレードなどの可動ギミックにも期待大です。

ブース壁面には次の機体らしきシルエットが…。なんかジェノブレイカーっぽい感じもするんですけど…気のせいかなー。

「真ゲッターロボ」から真ゲッター1もプラキット化が決定。ダイナミックプロ関連でプラキットというのもあまり聞かないので(自分のアンテナ感度が鈍ってるかもですが)これまた期待大なアイテム。

コトブキヤ×原型師・浅井真紀氏×ファンタシースターという最強コラボが再び!今度は「ファンタシースターオンライン2」から朱鬼姫(仮)と藍鬼姫(仮)!まだ原型画像のみの公開ですが、レイキャシールプラキットの経験値が生きてきそうなアイテムになりそうです。続報を震えて待て!

D-STYLEは「トランスフォーマー」祭り!みんな大好きスタースクリームがD-STYLEに参戦決定!こりゃあメガトロン様も欲しくなってきますな。絡ませたくなる的な意味で。

そのメガトロン様は4月発売予定。待ちすぎてグレーのクレヨンがなくなっちゃったよーということがないように(アニメ見てないとわからないネタをはさむな)。

ブラックコンボイの発売も決定。隣のコンボイが背負ってるジェットパックは、ブラックコンボイ付属の新規パーツ。この辺にも期待大ですな。

D-STYLE「ボトムズ」からはバーグラリードッグが登場。前々から感じてたんですが、ATって結構デフォルメ栄えしますよね。

「アーマードコアV」・VIはヴァーディクトデイからCO3 Malicious R.I.P.3/M(ブルー・マグノリア搭乗機)が登場。付属武器も豊富。

同じくACV・VIヴァーディクトデイからMATSUKAZE mdi.2拠点防衛仕様。こちらは参考出品との事なのですが、タンク脚部はfA以前のVIでもなかった気がしたので是非発売にこぎつけて欲しいところです。

そしてACV・VIウェポンセットも発売決定。豊富な武装を適宜選択、ミッションに挑め!

「スーパーロボット大戦」からはデフォルメサイズでソウルゲインとアルトアイゼン・リーゼが登場。元々デフォルメを前提にデザインされた部分もあるからか、意外ときれいなスタイリングにまとまってますね。

サイバスター精霊憑依Ver.スパロボオリジナルメカと言えばサイバスターとグランゾンが真っ先に出てくる人なので、このプラキット化はうれしい限り。いや、以前にもキット化はされてた記憶はあるんですが。

名前撮ってくるの忘れちゃった2機(F以降のスパロボオリジナルメカは全然やってないのでわからんのですよー)。こちらもいい感じのデフォルメ具合がカッコいいです。

「キャプテン・アース」からアースエンジンインパクター。ボークス様はレジンキットでしたが、こちらはプラキットでのリリース。原作作品は未見なのですが、宙航機的なフォルムが印象的ですね。

「マジェスティックプリンス」はまだまだ終わらない!RED FIVEに続き立体化されるのは、意外ッ!それはGOLD FOUR!あの長距離砲撃型機体が登場!このチョイスに思わず唸っていた方もちらほら。というかこれ撮影してる横で「これ画期的だったんですよ!右腕の砲身構えると首とか横にスライドして、砲撃体勢取れるんですよ!」と熱を帯びて語っていた方がいてですね。

こちらは主人公機のRED FIVE。ケレス対戦しようということで結構武装も豊富ですな。

コトブキヤオリジナルシリーズの「フレームアームズ」からも新作が続々。こちらはNSG Z0/Gマガツキ崩天。鎧武者的なデザインが目を引きます。

こちらはバルチャー(仮)。仮コードをそのまま解釈するならハゲワシの意になるのですが、果てさて。確かに脚部の意匠が鳥の羽のようにも見えますが。

コトブキヤ×studio A-CATのタッグによりフレームアームズが映像化。気になります!

フレームアームズの追加武装にもぴったりな「M.S.G.」シリーズ。今回も色々と物騒なものからごついもの、中二病再発しそうなものまで様々。イメージに合わせてお選びくださいみたいな。

そして思わず立ち止まって唖然となってしまったアイテムがこちら、ギミックユニット01・外部ジェネレーター。回転ギミックを何と電動駆動にしてしまうという代物。キャッチコピーが「力強い回転を手に入れろ!」とあるんですが、本当に力強い回転でした。もう螺旋力とかそんな感じのものに目覚めそうなくらい。回転ギミックは以前にもゼンマイ動力のものがあったんですが、比べ物にならないくらいスムーズに、そして思いっきり力強く回転してましたこれ。

そしていろんな意味で騒然となった「フレームアームズガール」第2弾も発表。今度はスティレットガール!今回も少女デザインは島田フミカネ氏が担当。第1弾の轟雷同様気になるアイテムになりそう。というか気になるアイテム多すぎッ!


その轟雷も原型が公開されてました。豊富な武装に目移りしそうです。

「アルドノア・ゼロ」からKG-6スレイプニールのプラキット。なかなかに無骨なデザインですな。

デフォルメアクションフィギュア・「キューポッシュ」の改造・お着替えコンテストとして行われた「うちのこいちばん!くらふと☆ぱーてぃー」。その参加作品の中からコトブキヤスタッフや各模型・ホビー誌お気に入りの作品が展示されてました。

フィギュア王誌お気に入りの「水兵さやかちゃん」。なんともさわやかな雰囲気です。もちろん衣装は手作り。

電撃ホビー誌お気に入りの「ラムちゃん」。出ないなら作ってしまえというその心意気に惚れました。表情のデフォルメ具合もいい感じです。

ホビージャパン誌お気に入りの「妖精の願いごと」。フェルト地の衣装のもこもこ感がキュートですねぇ。ディスプレイのきのこの家も可愛らしいですよ。

コトブキヤ原型様お気に入りの「聖天使神猫っ!」黒猫愛にあふれた作品に仕上がってます。表情もらしくていい感じです。

営業担当えーきち氏お気に入りの「忍者マフラーさやかちゃん」。忍んでいるようで忍んでないような、不思議な作品。というかスク水マフラーの破壊力恐るべし。マフラーはワイヤーで自由に動くそうです。

企画担当コトブキヤPお気に入りの「ダンボーさやか」。まどかマギカ×よつばと!コラボを実現。というか結構さやかをモデルにしてる作品が多いのは選者の方々の趣味でしょうか。

コトブキヤお気に入りの「舞妓マミさん」。マミさんはこういう衣装がよく似合いますなぁ。振袖や番傘も凝っていて雰囲気作りに一役買ってます。

キューポッシュ企画担当まーくんPのお気に入りの「アフロまどか」。これ見た瞬間笑いこらえるのに必死でした。アフロの出来が良すぎるのと、まどかの表情とが相まってとんでもない破壊力に。このどや?な感じの表情がたまりません。個人的MVPその1。

コトブキヤ彩色師マザーFお気に入りの「京マフまどか☆マギカRAKUGAKI-NOTE劇団犬カレー特典色紙風鹿目まどか」。かなりサイケデリックな彩色に目を奪われた方も多いのではないでしょうか。見るものにインパクトを与える作品です。

フィギュア企画担当Hana氏お気に入りの「カーディガンスクーラーCu」。アイマスは衣装ネタが多く、どの衣装を再現しようかという楽しい悩みがありますね。萌え袖の再現もかなり上手いこと処理してます。

キューポッシュ事務局お気に入りの「雪歩vsセーラーミズギ」。これまた帽子やネクタイまで、細かいところまで良くできていますなぁ…と思ったら作者があのさいちんPと知って納得。個人的MVPその2。なおさいちんPに関してはニコニコ動画で「やよいピンキーを作ってみた」で検索するとその腕前がわかるかと思います。必見ですよ。

es氏お気に入りの「オクさや飼ってます」。あのさやかをこう料理するとは。そのアイディアに脱帽です。見てて涼やかな印象も受けますけど、原作考えるとなかなかに物騒な代物ですよねこれ。

ここからはスタッフ作例。ホイホイさんからコンバットさんを再現。ジト目がいい感じです。ああもっと!

御坂妹達(シスターズ)。これまたジト目がいい感じです。

ワルキューレコスチュームの美希。ワルキューレボディはコトブキヤ様から発売中のワルキューレプラキットでしょうか。

イラストレーター・Tony氏の描く美少女キャラを続々立体化していくプロジェクトも進行中。こちらは最新作「シャイニングレゾナンス」からエクセラ・ノア・アウラ。原型製作中との事でまだまだ進化していきそうな気配が。

「シャイニングブレイド」からローゼリンデ・フレイア。スカートのボリュームと大槍、真紅の衣装が印象的な一品。

「シャイニングアーク」から光明の熾天使サクヤ。こちらも羽根のボリュームがものすごい一品。


「艦隊これくしょん」から連装砲ちゃんがプラキット化。秋葉原ショールームでも展示されてましたが、ちょっと組立に気を使わないといけないらしいとかどーとか。作例の連装砲ちゃんロボのインパクトも絶大。

キューポッシュ艦これの鏑矢となるのは雷と電の姉妹艦コンビ。表情パーツとポージングで愛くるしい艦娘があなたのデスクトップを飾ります。

アニメ版艦これの主人公・吹雪がスタチューフィギュアで登場。シンプルながら武装少女というカテゴリに忠実なデザインですな。

雷と電はスタチューフィギュアでも発売決定。なかなかに愛らしいポージング。二人セットで並べたいところ。

キューポッシュはアクセサリも充実。体操服ボディやスクール水着ボディにぴったりなジャージセット。

雨の日セットはポンチョと傘のセット。色も黄色・水色・桃色をご用意。

制服キャラに似合いそうなPコート。ここまで来るとちょっとしたドール感覚ですな。

体操服ボディは艦これ効果で赤タイプが売れそうな気配がちょっと。紺タイプ確保しておくかなぁ。

スクール水着ボディ。そのまま飾るもよし、改造に手を染めるもよし。

参考出品として浴衣が展示されてました。うーん、華やかですなぁ。

キューポッシュ新製品は艦これだけじゃない!「まどか☆マギカ」から、ほむら制服Ver.が登場。制服ボディは他のまどマギキャラと組み合わせてもいいですね…と思ったらマミさんに使うには胸盛らn…(このあとは血に塗れていて読めない)。

「ガールズ&パンツァー」からは西住殿こと西住みほが登場。一人出ると「残りのあんこうチームは!?」となってしまうところですが、そこはあわてず騒がず。

「アイドルマスター」からは我那覇響。相棒のハム蔵も付属で寂しくなんかないさー!発売が延びましたが、その分期待する時間が増えたということで。

そしてチラ見せで公開されていた如月千早も初公開。アイマスもここまで来ると全キャラ出してほしいという願望が生まれるんですが、さて(リボルテックから目をそらしつつ)。

会場先行発売だった天海春香スターピースメモリーズVer.これまたアイマスキャラに合いそうなボディですな。ちなみに行った時にはもう売り切れてました。そりゃ終わり間際に行ったらそうなる。なおコトブキヤ公式サイトにて予約受付中。買いそびれたという方はこの機会を逃さないように!

○ゲームズワークショップ日本支社様
イギリス・シタデルブランドを展開するメーカー様です。

大型のドラゴンフィギュア。こんな大型フィギュアも楽しめるのがウォーハンマーやホビットを展開するシタデルならでは。

ウォーハンマーの世界をテーブルいっぱいに。圧倒的な説得力を楽しめるのもミニチュアフィギュアならでは。

大型ビークル兵器の圧倒的存在感。こんな大物が闊歩する戦場を楽しめるフィギュアゲーム、体験してみたいんですが、こちらではなかなかサークルさんがなく…。無念。

大物ばかりがメインじゃないとばかりに、整然と並んだミニチュア兵。戦場の主役は、彼らだ。その言葉が説得力を持つ空間でした。

こちらがシタデルカラー基本セット。まずはここから始めてみよう。…仙台にも取扱店ができたらしいんですが、郊外の方なので遠いんですよね…。

シタデルカラー体験会も実施されてました。さすがに時間が時間だったので体験はできませんでしたが。

ずらりと並んだシタデルカラー。ちょっと小耳に挟んだのですが、なんでもメタルフィギュアの塗装にもうってつけなんだとか。なるほど、愛好者が増えるわけです。

各メーカー様とも様々な新作が発表してましたが、結構サプライズ的なものもあって、期待が高まるのを感じました。期待しすぎて物欲が刺激されまくりえらいことになりかねませんが。またゴッドハンド様やゲームズワークショップ様のように工具や塗料を実際に体験できるコーナーもあり、キット工作に欠かせない工具を確認する方も多かったです。まあ工具に限らず刃物はいいものを買いなさいとはよく言われてることなんですが(以下、うちの包丁がーとか言い出し始めたので割愛)。
回れた範囲内でになりますが、各社版権アイテムをさらっと見てきて思ったのは、艦これとラブライブがえらい強いなーということでしょうか。流石艦これは伊達に一般ディーラーの版権申請数トップを誇るだけあって、メーカー側も黙っていられないといった感じでしょうか。ラブライブもこの盛り上がりがどこまで維持できるか期待です。他にも色々版権アイテムやメーカーオリジナルアイテムも注目アイテム目白押しで、楽しみはまだまだ広がりそうです。あとは…物は確保できたとして収納スペースと製作時間の確保だな…(押入れからの積みキットオーラを感じつつ)。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331