Entries

幕張戦記ワンフェス -2015・冬の陣- その6・その他版権・オリジナル編(前編)

○その6・その他版権・オリジナル編(前編)
お待たせいたしました。その他版権ものとオリジナルアイテムのお時間です。今回も「何ぃッ!?あの版権でフィギュアが出てる!?」や「独自の世界観…ぞくぞくするねぇ」をお届けしたいと思います。なんか深夜通販のノリになってますがお気になさらず。今回もかなりの撮影枚数になりましたので、前後編でお届け。

○まめプロ様

お弁当ねこ
すっかり定番アイテムとなったお弁当ねこ。今回も新ネタを背負って登場ですよ。しかしマグロの次はふぐとか、なかなかグルメで贅沢なねこに育ちつつありますねぇ。表情と背負い物とのギャップがまた可愛らしいですよ。

おべんとうねこまた
「お弁当ねこが長生きすると妖怪おべんとうねこまたになります」とのことで、まさかの新シリーズは妖怪変化!背負い物もお弁当から頭蓋骨に変わって、これはこれでちょっとこわいけど、でもかわいい。そんなギャップが素敵です。

○でっど・すとっく様

初音ミクVamp Style(キャラクター・ボーカル・シリーズ01初音ミク)
ミクさん人気はまだまだ続くよ!ということで、こちらはハロウィンをイメージした衣装とセットで登場。吸血鬼イメージですがステージ衣装としてのデザインも秀逸です。背景の小物たちもコミカルホラーの雰囲気満点。

纏流子(キルラキル)
キルラキルからもいくつか。主人公・纏流子の勇姿と熱気がここに!改めて見るとすごいきわどい衣装ですねこれ。原型師様もその熱気に当てられノリノリで作ったというのが伝わってきます。

○HOBBiT様

ネイ(ファンタシースターII)
歴代ファンタシースターシリーズでも屈指の人気を誇るヒロイン、ネイ。その姿を見事に立体化。少し不安げな表情がぐっときますね。守らなきゃという使命感に目覚めそうです。

○結晶洞窟様

奥田りるな(メガドラ部長りるなちゃん)
IKa.先生のライフワーク4コマ、メガドラ部長りるなちゃんから、主人公りるなちゃんが登場!単行本版表紙イラストのイメージで見事な立体化です。こう見えて彼女、大学生ですので。念のため。

…って、IKa.せんせぇぇぇぇえええええ!?こういう仕込を見つけるのも楽しみの一つですね。

○ポヨンマックスとSABAとあきづき様

GUMP(真・女神転生シリーズ)
歴代の真・女神転生シリーズに登場する小型コンピュータ・GUMPを小スケールで立体化。デビルサマナーやソウルハッカーズでおなじみの銃型のものから、ナックルタイプのものまで各種ご用意。後はスティーブンからの接触を待つのみ?

○桜計畫様

めがねっ娘教団員(妄想戦士ヤマモト)
まさかの妄想戦士ヤマモトからの立体化!しかも主要キャラを差し置いてめがねっ娘教団員!そこは南雲教祖じゃないのか!?と心の中で3段突っ込み決めてしまったと同時にテンションマキシマム。その場でめがねチックバリアー使えるようになるんじゃないか!?と大興奮しまして。ちなみに何故に教団員の方で?と質問してみたところ、「南雲教祖は畏れ多くてというのもありましたが、逆にキャラが濃すぎて立体化しにくかったので」との事。なるほど理解しました。

○印内サービスエリア様

王将soldier
王将soldier。それは、将棋のこまと4脚メカを合体させた、まったく新しいホビーメカ…って、ちょっと待って。うん、待って。見かけた瞬間何故にこんな組み合わせが!?と衝撃を受けました。そりゃ将棋のこまも突然ロボに変形することがあったけども!ルール無視した機敏な機動力で相手こまから逃げまくる姿が目に浮かびます。いやルールは守りましょうよ!?

○CtrlZ様

ベガ&ガイル(ストリートファイターII)
ストIIからベガとガイルの負け顔胸像を。実際の画面で見るとそれほどでもなさそうかな?と思えたあの表情も、こうして胸像化されたのを見るとめちゃくちゃ痛そうなものに感じられるというのも、立体物の魅力の一つになってますね。しかし、本当に痛そう…。

ひんべえ&はに丸(おーいはに丸)
まさかのはに丸とひんべえのソフビフィギュア!はにゃ?そふびって、なぁに?とか聞いてきそうな雰囲気がたまりません。はに丸も何気に息の長いキャラになってますが、その一方でちくちく刺さる一言が増えてきてる気が…。そのうちケータイ大喜利の声のお題に出てきそうで怖いんですが。

○ヘラクレスの選択様

お墓
お墓です。はい。それ以外の何物でもなく。成仏戦略しましょうかとかそんな。サイズ的には1/12スケールよりもやや小さめとのことですが、絡めて遊ぶには十分かと。しかし何だってこんなお墓のフィギュアを?と尋ねたところ「整然とした無機物が好きなんですよ。あとは他にやってるところがなかったので」とのことでした。こういう隙間産業を狙ったアイテムがぽろっと出てくるのがWFの楽しいところなんですよ。

○高多屋本舗様

いまいち萌えない娘(神戸新聞社)&ニパ子(ゴッドハンド公式キャラクター)
青髪・ツインテール・セーラー服と、共通項の多さから色々コンビになることの多い、いまいち萌えない娘とニパ子さん。こうして並ぶと…やっぱり姉妹というか従姉妹というか、そんな雰囲気が。しかし、いまいち萌えない娘もまさかここまでの反響が返ってくるとは誰も予想してなかったろうなぁ。

ニパ子(ゴッドハンド公式キャラクター)
企業ブース編でも触れましたが、新潟に居を構える工具メーカー・ゴッドハンド様の公式キャラクター、ニパ子さん。正式名称は長いので割愛。自社ガイドラインを守れば版権フリーということもあり、結構な数のディーラー様から出展されてました。ポージングと表情がキュートな一品。

○カルミア様

木之本桜(カードキャプターさくら)
さくらちゃん、今日もお美しいですわーとカメラを構える知世ちゃんの気持ちがよくわかりました。羽のような台座とディスプレイの花がその世界イメージを広げています。さくらちゃん人気はまだまだ続きそうな予感が。

○摩天楼館様

織田信長(ドリフターズ)
平野耕太氏の歴史人物大戦・ドリフターズから主役級4人がそろい踏み。まずは第六天魔王・織田信長。その大胆な策略はまさに豪胆。種子島を携え不適に笑う姿、まさに魔王。

那須与一(ドリフターズ)
当代きっての弓の名手、那須与一。単行本3巻表紙のイメージも少し入ってますかね。ただの美丈夫にあらず。そんな説得力が伝わってきます。

島津豊久(ドリフターズ)
妖怪首置いてけ見参。赤備えの鎧と太刀からみなぎる殺気を感じる一品。まさに首置いてけ。島津の男、なめてかかればただでは済まず。

菅野直(ドリフターズ)
デストロイヤーの二つ名を持つエースパイロット、菅野直。登場人物の背景時代が一気に飛ぶのもドリフターズの魅力ですな。ドリフターズも盛り上がってきてるようなので、いい加減単行本買わねば。

○リスキーパイナポー様

ミリア=レイジ(GUILTY GEAR XX ∧ CORE)
Xrdも発売されさらに人気が過熱してるギルティギアシリーズからミリア=レイジが登場。武器でもある特徴的な長髪の流れるような表現がお見事です。

甲斐セツナ(真・女神転生デビチル)
真・女神転生デビチルから男主人公の甲斐セツナを立体化。デビチルの波が来てるのかもしかして!?セツナのデザインも今の目で見ても十分いけますねこれ。

○Kinetiquettes様

殺意の波動に目覚めたリュウ(ストリートファイターシリーズ)
その圧倒的な存在感に思わず足を止める方も多かった一品。その存在感と、まるでフィギュアそのものから湧き上がっているかのような気迫、雄々しい咆哮の表情、張り詰めた一瞬の筋肉美、いずれとっても感嘆するばかりの出来です。お見事!

○ちゃんばらディフェンス様

真Gレッド(ガチャフォース)
真Gレッド!真Gレッドじゃないか!GC名作アクション、ガチャフォースから主人公の相棒、真Gレッドがアクションフィギュアで登場!と思ったら「以前にも出展してたものなんですけどね」とのこと。しかしながら「要望があれば改修してまた出すかもしれません」とのことでした。このままでも十分かっこいいのに、手が加わったらどうなるんだ…!期待しか見えてきません!

○meisterSinger様

天導天使(BAROQUE-歪んだ妄想-)
意外と原型師の皆様に大人気のバロック。天導天使もこんな可愛らしい姿にデフォルメされまして。こんなだったらよかったのになーと思う反面、これだと緊迫感薄れちゃうかーとも思ってしまったり。

デス(BAROQUE-歪んだ妄想-)
こちらは神経塔で出会う敵・異形からデス。こうして見ると棺桶をモチーフにしたユーモラスなデザイン…に見えますが、SS版では何度こいつに泣かされたことか…。そんな苦い思い出が蘇ってきちゃう一品。

天使虫リトル(BAROQUE-歪んだ妄想-)
バロックのマスコットキャラとも言うべき存在の天使虫たち。おわぁ。おわぁ。そういえば天使虫たちが主人公のバロックシューティングなんてのもありましたね。でも飾るにはちょっと怖い、かも。

○玖須美屋様





輪ゴム銃
え?これ輪ゴム銃?またまた冗談をー。どう見てもモデルガンじゃないですかこれー。…と思ってよく見たら確かにゴムを引っ掛けるところがある!と、実物を見てえらい驚きました。しかもこれ、全て木製です。何でもお話を聞いたら「木工工場の工具で切り出して組み合わせてる」そうで、どう見てもプロの仕業でした本当にありがとうございました。しかし黙って見せたら本当にモデルガンと思い込んでも不思議ではないほどのクオリティには、脱帽です。

○ロボザムライ様

M7B1スウィフト2(重鉄騎)
まさかの重鉄騎!重鉄騎じゃないですか!実はSTG編に載せようかすごく悩んだんですが、迷った末こっちで紹介することに。2脚歩行戦闘車両はガングリフォンという先達がありますが、こちらは文字通り戦車に足をつけたようなデザインになっていて差別化が図られてますね。手前に並んだ同スケールの兵士フィギュアと比べてもその大きさがわかるかと。

○オーロラモデル様

暁美ほむら&鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)
ちょっとピンボケですが、メタルフィギュアです。小スケールながらこの精密さ。驚きです。メタルフィギュアは独特の質感と重みがありますから、重厚感が違いますね。

他にもソードアートオンラインやクイーンズブレイド、Fateなど、様々な版権キャラのメタルフィギュアが出展されてました。君の手のひらが戦場になる(それメタルダー)。

○統合幕僚地球防衛軍様

フライトジャケットの女の子とねこのモーガン
オリジナルキャラとのことですが、自分のポニテレーダーにびんびん反応しまして。思わず撮影してましたとかそんな。女の子の表情やポージングもいいんですが、胸元にもぐりこんで顔を出してるねこが愛らしいです。ねこ、そこ代われという気持ちもどっかに吹っ飛びそうな、さわやかな雰囲気です。

○月の裏側様

暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
まどかのリボンを頭に、その黒い翼もぼろぼろになり、それでもほむらは何を思うのか。劇場版新編を見た後だとそんなイメージに取れそうな、痛々しさとはかなさが伝わる一品。ほむほむも大変なことになっちゃってたからなぁ。

○げんれい工房様

紳士用トイレサイン
紳士用トイレサインですよ。それ以外の何物でもなく。意味がわかったとたん大爆笑必至な一品。

1/1挫折禁止標識
一般の交通標識と同サイズの挫折禁止標識。直径60cmとのことなのでシールドにもなりそうですねこれ。冗談の通じる場所に設置するとベネ(よし)。決してポリスメンのお世話にならぬようお気をつけて。


ミニサイン看板
ミニサイン看板各種から気に入った2点を。ブリーフィングルームってそっちかい!と思ったものの、やほおブリーフケースの名前だけ聞いてげらげら笑ってた自分は人の事言えないなーと思ったり。悪人は…看板は一文字変えるだけでここまでの破壊力になるという好例ですね。げんれい工房様のこのセンス、見習いたいものです。

○第407製作所様

木之本桜(カードキャプターさくら)
ウォーティーと一緒の構図というのもなかなか珍しいものがあります。ウォーティーの表現も豊かでもう一人の主役といった感じです。

さくらちゃんアップはこちら。対ウォーティー戦の衣装に合わせてる辺り芸が細かいですね。

○海ねずみ様

狩魔冥(逆転検事)
逆転裁判2から登場し、成歩堂の目の前に立ちはだかる検事、狩魔冥。その冷徹な表情とプロポーションが際立つ一品。トレードマークのムチも忘れてはいません。

鉄人28号(鉄人28号)
前述のバロックの神経塔ジオラマや武装神姫のグラップラップの原型デザインを手がけた作家、鬼頭栄作氏による原型で蘇った鉄人。文字通り「鉄人」の名にふさわしい力強さと、鉄の巨人らしさをうかがわせるベレット締めなど、随所にアレンジは施されてますが、その姿はまさしく、少年の頃に見たあの鉄人です。

○HIRO様

暁美ほむら(魔法少女まどか☆マギカ)
「変身中のイメージ」というコンセプトで作られた一品。伸ばした腕に後ろになびく髪とリボン。魔女との戦いの始まりを静かに表現しています。なんとなく、ほむららしさが伝わるような気がします。

○折り紙の進工房様





折り紙飛行機
全てこれ、折り紙で作られた飛行機なんです。その数もさることながら、デザインの多彩さと美しさに進化を感じます。ただ折るだけではなく、さらに美しく折り上げていく。そのすごさに、ただ脱帽です。

○フィギュアバンク様

ブランウイング(仮面ライダー龍騎)
劇場版龍騎に登場した仮面ライダーファムの契約モンスター、ブランウイング。召喚をイメージした水面がいいアクセントです。

ドラグレッダー(仮面ライダー龍騎)
こちらは龍騎の契約モンスター、ドラグレッダー。関節パーツを仕込む事で自由に動かす事も可能です。龍騎は平成ライダーベスト4に入るほどはまり込んだので、こうしてミラーモンスターが立体化されるのはうれしいものがあります。

○大帝國ビルト様

コマンドーチーム(キャプテンコマンドー)
カプコンのベルトフロア乱闘アクション、キャプテンコマンドーから主人公たちコマンドーチームを。キャプテンとジェネティはフルアクションフィギュア、翔とフーバーは胸像となっております。ディスプレイの翔とフーバーは別のフィギュアや市販ロボキットを使用した、ちょっとした改造作例です。

ムキムキマン(出没!!おもしろMAP)
70年代にエンゼル体操で一世を風靡したあのムキムキマンをフィギュア化!…なのですが、Wikipediaで調べたところ放送当時まだ幼かったから記憶にないのですよ。やってたかどうかも定かでなく。しかしながらビルダーならではの筋肉美には惚れ惚れします。全盛期のムキムキマンを再現となれば、当時を知る方々には懐かしく映ったのではないでしょうか。

○味見堂様

キング(七つの大罪)
アニメの方も佳境に入るというか、これ書いてる時点でもう最終回手前という七つの大罪から妖精王キングを立体化。シャスティフォルを構える姿がりりしいですね。足場の水晶から初登場シーンのイメージでしょうか。でも正装はおっさんなんですよね…。

○女子造形部様

月(カードキャプターさくら)
月の立体化というのも珍しいかもですね。羽や髪など、細やかな表現が美しさを際立たせています。原作読んだときはその登場に驚いたものですが。

愛川茜(魔法使いTai!)
魔法使いTai!とはまた懐かしいところをついてきましたなぁ。あのヒロインたちは今目線で見ても十分通用すると思うんですが、それを立証するかのような可愛らしい出来に。こうしたドタバタ魔法ヒロインもの、またやりませんかねぇ。

○GEKOKUJYOU様

春麗(ストリートファイターシリーズ)
アクション映画のワンシーンのような佇まいに見惚れます。ここから彼女の華麗な足技が繰り出されるかと思うと、思わず息を呑んで見つめたくなりますね。

アレックス(ストリートファイターシリーズ)
圧倒的な筋肉美とむせ返るような熱量すら感じるその姿。一人の格闘家の生き様すらその背後に伺えるような密度の高さに、ただただ、天晴と。

○真!!おやじ天国様

鬼龍院皐月(キルラキル)
キルラキルもう一人の主人公とも言うべき存在、鬼龍院皐月様を立体化。その構えからは何者も寄せ付けぬ気高さと闘気を感じます。先ほどの流子と並べてみたくなりますね。

泉野明(機動警察パトレイバー)
実写版の公開で昨年末辺りから何かと話題になったパトレイバーから主人公の野明を半身像化。見上げる先にあるのは、やはりイングラム1号機・アルフォンスでしょうか。こうなるとこう…イングラムを置きたくなりますね。

○工房金竜様

巴マミ&百江なぎさ(劇場版魔法少女まどか☆マギカ新編)
マミさんとなぎさは公式でもよく見かけるほどのベストコンビ。とびこむなぎさの笑顔とそれを受け止めるマミさんの柔らかな表情とが、ほっとした気分にさせてくれます。

○ガーネットスター様

巴マミ(魔法少女まどか☆マギカ)
マミさんは花がよく似合いますなぁ、と思わせるディスプレイ。もちろんマミさんも花に負けじとその美しさを披露してます。しかし…こうして見ると6人の魔法少女の中でもダントツのプロポーションだというのが衣装の上からでもわかるというのがまた。

○KITTY-HAWK様

ロケットハウス(未来少年コナン)
のこされ島だー!未来少年コナンから、主人公コナンが暮らした島、のこされ島の象徴となっていたロケットハウスをジオラマ化。苔生し緑に覆われた旧文明の遺産を間近に見る事ができるなんて…長生きはするもんだな、モンスリー。バカねぇ。

ギガント(未来少年コナン)
最終決戦の舞台ともなった巨大戦闘機・ギガントを立体化。こうした機械相手に生身一つで戦いのけたコナンの野生児ぶりは今見てもものすごいものがあります。こうして見るとギガントってその名の通りかなりでかかったんですね。

○スペアパーツ様

マスク・ザ・レッド(ジャイアント・ロボ THE ANIMATION-地球が静止する日-)
今川版ジャイアントロボから三連発。まずはマスク・ザ・レッド。フル可動アクションフィギュアに加え頭部パーツと手首パーツが付属。

策士 諸葛亮孔明(ジャイアント・ロボ THE ANIMATION-地球が静止する日-)
続いて孔明。こちらもフル可動アクションフィギュア。待て、これは孔明の罠だとわかっていても手を出したくなるクオリティ。

素晴らしきヒィッツカラルド(ジャイアント・ロボ THE ANIMATION-地球が静止する日-)
そしてヒィッツカラルド。三人揃えて名場面を再現しよう!

○カツカツ団様

キュゥべえ(魔法少女まどか☆マギカ)
一見すると普通のフィギュアのようですが、実はこれキャンドルなんです。つまり…頭に火をつけてもかまわない、ということね…とほむらさんが冷徹に言いそうですが。しかしながらキャンドルとして使うのが勿体無いくらいの出来映えです。

ニャンコ先生(夏目友人帳)
こちらも一見寝そべってるニャンコ先生のフィギュアですが、立派なキャンドルです。しかし…おなかのその位置に芯が出てるのをみて董卓やん!と思ってしまった自分が恥ずかしいやら情けないやら…。しかしキャンドル細工でもここまでのものが出来るんですね。

○ドールハウス宇都宮様

アニス・ファーム(超音戦士ボーグマン)
80年代の僕らのヒロイン、アニス先生が現代に大復活!バルテクター装着シーンのイメージで立体化です。転送・装着のプロセスを独自解釈で表現。美しさとかっこよさを前面に押し出した出来になっています。

○シルバーボア様

アカツキ(ログ・ホライズン)
ログホラは今回もアカツキちゃん祭り状態でヘンリエッタさん落ち着いてください。諸事情により展示のみでしたが、冒険者ではなく一人の女の子としてのアカツキというイメージが伝わってきます。

○まん点工房様

マリオネット(マリオネットカンパニー)
まさかのマリオネットカンパニー!知る人ぞ知るPS・DCで発売されたアンドロイド育成SLGなのですが…わかる方だけわかっていただければ的な雰囲気もちょっと漂ってます。メカニカルな手足と胸が育成途中のアンドロイドだということを強調してますね。

○入る&出る様

シロエ(ログ・ホライズン)
主君!主君のフィギュアがあるぞ!ということで主人公シロエを立体化。余裕でめがねをずり上げるお馴染みの仕草は、まさに腹黒めがねの二つ名を彷彿とさせますね。

※後編に続きます

3件のコメント

[C117] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C118] 折り紙の進工房の写真

どうも折り紙職人です、ネット検索で,見つけてしまいました、記載して頂きありがとうございます、今後もどうぞよろしくお願いします。

[C121]

>折り紙職人さん
ようこそいらっしゃいました。
あれだけの折り紙飛行機をよく折り続けたなぁと、感心しながら撮影させていただきました。
次にWFを訪れるときがあれば、また立ち寄りたいと思います。
  • 2016-01-15
  • みなもりゅうぞう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331