Entries

幕張戦記ワンフェス -2015・冬の陣- その8・総括というかまとめというか戦利品晒し。

○その8・総括というかまとめというか戦利品晒し。
さて、撮影してきた分は全て公開できましたので、簡単にまとめをば。と言っても既に開催から1か月半も経ってるわけなんですがこれは。

メインどころとしてる神姫・STG・アイマス、そして今回メイン枠に昇格したプリキュアから。
神姫はもう俺神姫の活躍が光ってたなと。素体をどうやって手に入れるかという問題は依然として高い壁として立ちはだかってますが、逆に「素体を持った人たちによる高度な遊び」になりつつある面もちらほらと見え隠れし始めてきて、ちょっとそこが心配になってきますね。その一方で、アニメ版から入ってきた方々がスタチューフィギュアを制作されてるのを見て、裾野がここまで広がってきてるんだなという印象を受けました。何度か書いたんですが、アクションフィギュアたる神姫は、確かに体育座りができるなど、ポージングが自由に取れるんですが、強度を保つ設計上動かない部分(主に腰)が存在するんですよ。そこをひねったポーズというのが神姫ではできないわけでして。しかしながらスタチューフィギュアなら、そうした可動面での強度を考慮することなく、自在に腰をひねったポージングを取ることが可能でして。そこを考えると、本来の神姫には神姫の、スタチューフィギュアにはスタチューフィギュアの良いところがあるんだなと再認識させられました。もちろん胸パーツセットや頭部パーツセットといったワンポイント改造パーツや、独自設定の追加武装など、神姫と絡めて遊ぶガレキも色々とありましたし、神姫熱はまだまだ冷めることはなさそうです。

STG関連は出発前のエントリや当該エントリでも書きましたが、13B/SPECTER様が今回不参加を表明されまして。これが結構ショックだったかなーと思ってたんですが、実際見たらそうでもなく。R-TYPE FINAL全機体立体化計画はまだまだ進んでいるようですし、意外とSTG関連で攻めてくるディーラー様も結構多いので、これからも見守っていきたい所存でございます。

アイマスは完全に劇場版独擅場と化してましたね。劇場版ラストのライブシーンを飾った衣装、スターピースメモリーズの人気はすさまじいものがありましたし、一方で劇中劇の方で立体化というディーラー様も結構見かけました。この劇中劇は妙に人気が高く、プロデューサーたちの間からもぜひスピンオフでやってくれという声も上がるほどで。ただ一方でゲーム中の衣装やオリジナル衣装で攻めてくるディーラー様が減ってきてるかなという印象も受けました。アイマス編でも書きましたけど、思い切ってオリジナル衣装をデザインして、それで勝負するというのも一つの手ですよ?この辺は次回以降にも期待してみたいと思います。

プリキュアは「2年縛り」が逆に爆発力を生んできてるなーという印象を受けました。前回からスマイルプリキュアの面々が続々立体化されてきてるのを見ると、みんな作りたくてうずうずしてたんだなというのを実感しました。その一方で集合フィギュアという力作や、ハッピーロボという超魔球を投げ込んできたり、ウルフルン様出張営業とか、スマプリ勢の愛をひしひしと感じました。もちろん他のプリキュアだって負けてはいないわけで。今回はハートキャッチプリキュアが結構多かったかなという印象を受けました。次回でドキドキプリキュアが解禁になると思われますので、この辺も楽しみに見てみたいと思います。

その他版権・オリジナルアイテムも色々楽しいものが多かったですね。その中でも独自版権の東北ずん子やニパ子はかなり注目したいところです。ずん子ちゃんは大分落ち着いてきてはいるものの、コンスタントに出展するディーラー様が続いてる状況でして。この調子を維持できれば定番キャラに成長するのも間違いない気もします。そしてじわじわと人気を集めているニパ子さん。こちらも独自版権ということで、見てきた中でも結構出展数は多かったと思います。多分自分が見てきたのは氷山の一角かと。ツイッターの公式アカウントの投稿を見るに、WFのみならずAK-GARDENなどでも出展されてる方が多いとのことなので、やはり人気の一角に化ける可能性は高そうです。要チェックや!
版権物もこれで来るか!というものが結構多かったですね。銃夢のソケット兵とか、ヤマモトのめがねっ娘教団員とか、メインキャラ差し置いてそこ!?と満面の笑みで突っ込みたくなるものも多々ありました。あとは往年の名作とかちょっとマイナーよりな作品からの立体化とかも見てて面白かったですね。あとこれは全般に言えることなんですが、同じ作品・同じキャラを題材にしてもディーラー様によって解釈が異なり、それがフィギュアとして表現されているのを見ると、なるほどこういう解釈もありか!と思わずひざを打ちたくなります。表現技法は千差万別。幾通りのフィギュアが存在しても、それは不思議ではないのだなと、改めて実感しました。

作り手がいる限り、造形物の進化は止まらないし、それを公開することで、より楽しむことができる。
これだからWFは面白いし、止められない。そんなことを、毎度毎度ではありますが実感します。これからもWFを満喫するぞー!オー!

そして戦利品晒し。



まめプロ様のお弁当ねこ(ふぐ)とAnonymous Craft様のB-3A Misty Lady、戦国ふさにゃんぼう様のやよいとやよ、桜計畫様のめがねっ娘教団員とにく日記様のドリームキャス子。今回は自分としては結構買った方かなと思います。
さて。組む時間を確保しないとな…(押入れからの積みプラキット・積みガレキからのオーラから避ける様に)

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331