Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ここ最近のわたくし。春ははんだや。レイブアゴーゴー。

前回までのあらすじ。
今年も勾当台公園が熱く激しく燃え上がるときが来た!

踊らなきゃ!


ということで、5月3日に仙台市勾当台公園野外音楽場にて開催された「はんだやレイブ15春」に行ってきました。
今年も爆音が轟いたりまったりしたりレイブ飯に舌鼓を打ったりと、非常にゴージャスな内容でした。特に今回はゲストDJとして杉山加奈氏とサイバー長介氏、そしてスペシャルゲストDJにnanosoundsから大久保博氏(一部界隈ではひらがな表記の方が馴染み深いかと思います、そう、あの方ですよ)を迎えて、約8時間の長丁場レイブパーリーが繰り広げられました。ひゃっほい!ということで印象に残ってる部分をかいつまんで。


タイムテーブルはこんな感じ。なお時間はあくまで目安です。ええ、盛大に押してました。

トップバッターはTat-2氏。急に順番が決まったそうなので仕込みなおしに時間がかかったそうで。しかし勾当台公園に響き渡るのは「とっても邪悪な感じのゴールドなんとか」。なお、間に合わん模様。そんなサイドチェインでがっちり場をあっためました。温いですよ。ぬくぬくハードコアですよ。

2番手はゲストDJ・杉山加奈氏。ご自身のアルバムからのノンストップというか、かけ流しDJでしたが、盛り上がってヒートアップした会場を癒すにはうってつけのまったりとした時間でございました。この時間辺りから、爆音に釣られてか結構客席に人が集まりだしまして。


ドクターペッパートレーラーも駆け抜けるよ!

3番手ははんだやレイブクルーきっての暴走超特急、FOXYUN氏!今回も自重しないプレイで場を盛り上げ、ブースを飛び出してこいのぼり持って場内爆走とか、とにかくやりたい放題で。FOXYUN氏は初めて行ったときの防護服生着替えDJやら、その後のキョーレオピンとか小沢昭一氏ネタとか、本当何が飛び出すかわからないDJで場を盛り上げまくりなのですが、今回も最初は比較的まったりだったんですが、後半になるにつれて暴走具合が加速するという素敵なプレイで、なんというかおふくろの味を味わった感覚になりました。

4番手はスペシャルゲストDJ・大久保博氏。「某社の曲ですが、こっそりかけます」ということで、始まりから最高潮の盛り上がりに。4chスピーカーからずんずん響く大久保サウンド!その曲に釣られて来客数も恐らく4年前の佐野電磁・AJURIKA両氏がゲストに登場したときを上回る入りっぷりで、ボルテージは天井知らず!そして恐らく来場者の半数近くが待っていたであろう、某峠道とかそんな感じのコースをものすごい勢いで走っていくレースゲームの曲がかかった瞬間、場内からは大歓声!多分あの瞬間、勾当台公園の気温、一気に上昇したんじゃないですかね?ってくらいの大盛り上がりでございました。そして一通り曲を終えたあと「実はちょっと練習してるジャンルがありまして…」ということで、その曲が流れるとこれまた大盛り上がり!どこまで場内をヒートアップさせれば気が済むんですか!どこまでも着いていきますよもうっ!そして〆はあの曲!そう、某ティンと来たことで有名なアイドル育てゲーの中の、これまた某フリーダム過ぎる双子アイドルの曲!はい、十勝二十番勝負っぽい曲のREMIXバージョンですよ!もうこれがかかった瞬間体動く動く!レイブ飯という補給があっても追いつかないくらいガンガン動いちゃう!そのくらいノリノリ!スペシャルゲストとして最高のプレイでした!「内緒だよ?」

5番手はquad氏。大久保氏の後を受けてのステージでしたが、そんなプレッシャーをものともしない堂々のプレイでした。いつものとってもスピコアなグラヂ。ウスとかゼ○ダとかも織り交ぜつつ、さらに興奮の坩堝へと静かに誘う楽曲群。休んでもいいけど休ませないよ?的な盛り上がり。これまた最高のプレイでした。

6番手はYsano氏。既に出来上がっちゃってたらしく、ちとふらつき気味な感じでしたが(汗)。というか後述しますけどもステージ前に置かれた振る舞い酒、えらい勢いで無くなったらしいですからな。しかしそんなことをみじんも感じさせないプレイングはお見事でした。

7番手はjukebeat a.k.a. II-L氏。ちょっと変わったサンプラーを持ち出して、即興でビートを生み出していくという変わったプレイスタイルでの登場です。

手元の模様はこんな感じ。この16個のボタンを叩いてサンプリングした音源を鳴らし、リズムを刻んでいきます。某jubeatを想像していただければ感覚はつかめるかと思います。或いはKORG DSN-12のPRGモード。ちなみにサンプリングネタの中には「今日も一日がんばるぞい!」とか「1!2!3!1!2!3!ヨークベ○マル123の市!」とか「ティニー いぬー ティニー ふうせん」とかそんな。しかしこれらの音がリアルタイムで曲としてつむぎだされる感覚は面白いものがありました。ちなみに帰ってから機材が気になってググって見たんですが、お値段2万円。うわぁい。

8番手はゲストDJ・サイバー長介氏。全員集合とかあの世代にはたまらん音源・映像をバシバシリミックスするという豪気に満ちたDJなのですが、なんとまだ日本に来て2年くらいだそうで。しかも若くしてドリフをチョイスするというこのセンス!只者ではありませんよ。最前列はもう歌えや踊れやの大盛り上がり!そして取り出だしますは、どこから仕入れてきたのか全員集合のあの法被!それが最前列で踊る面々に貸し出されるという素敵な状態!で、気がついたら自分も着てましたとかそんな。ドリフ音源をここまで豪快に料理するその手腕、まさに今後も目が離せない御仁でした。ちなみに打ち上げでは参加者からもネタにされてたようで。愛されてるなぁ。

9番手はMJ料理長ことd-dog氏。今回はノイズサウンドというよりまさにノイズそのものを奏でるというプレイスタイル。4chスピーカーからガンガン襲ってくる爆音ノイズのシャワーはもう気持ちいいとしか!エンジン音やジェット噴射音、その他様々なノイズが絡まりあって新たな曲になる感覚はたまりません。そして何故かYsano氏がステージに飛び入り参加、そのまま謎のユニットが出来上がっちゃうという展開に。

大トリを飾るのはAVS氏。これまた直前になって順番が決まったということで仕込みなおしたというプレイリスト。のっけから某リズム系お笑いコンビのネタから始まって新旧リズムネタ対決に発展、そこから某モノノケ時計のマッシュアップに、ベースラインがヒゲダンスというナイスな選曲で見事に大トリの大役を果たしました。しかしリズムネタ芸人って音素材としては優秀ですな。

と駆け足で振り返ってみましたはんだやレイブ。今回も飲めや踊れやの大盛り上がりでございました。前述の通り大久保氏のステージ辺りから結構人が集まりまして(この辺は公園の隣で物販イベントがあったらしく、その影響もあったものと思われます)、売店側の客席から埋まっていきました。そして面白かったのはサイバー長介氏のステージの時に前の方にいたんですが、老夫婦も一緒になって盛り上がってまして。例の法被を手渡されるや、ノリノリで袖を通し踊り明かすという光景が非常に印象的でした。これがはんだやレイブ!あと近くに座ってたおじいさんが、近くにいた親子連れのお客さんにやたらと無料で振舞われてた駄菓子を持ってきては代わりに振舞うという素敵な状況になってまして。それだけならいいんですが、なんと子宝あめまで持ってきちゃうという、さらにカオスな状況に!(その前に何で子宝あめなんてあるんだよという突っ込みは華麗にスルー。だってあるんだもん!)というか男の子にそれ与えてどうするんですかとか、もう見てるこっちがドッキドキだよぉ!でございました。はい。

そしてはんだやレイブといえば、忘れてならないレイブ飯!MJ(メシジョッキー)たちが振舞う渾身の料理が参加者の胃の腑を満たします!今回のお品書きは。

ほうれん草のおひたし。

芋煮。

ほうれん草のスパニッシュオムレツ。

レイブ米を羽釜で炊き上げたレイブ飯。

まさかの時の野菜のスパニッシュオムレツ!

レイブ米のたけのこご飯。

味噌こんにゃく。

ちくわ天。
こんな感じで料理が振舞われるのですよ。ステージ脇で。ちなみに今回は参加者がかなり多かったせいもあり、MJ大盛況!DMK(どんぶりもってこい)ポリシーも大分定着してきたようで、大分円滑に回ってたんではないかと。


物販ブースでは過去にリリースされたはんだやレイブCDやゲストDJの杉山加奈・サイバー長介両氏のCDも販売されてました。あとレイブ米。

※レイブ米って何ぞ?と思った方へ。

物販ブースで販売されてました。こちらです。


あと前述の通り、ステージ前には振る舞い酒が置かれてたのですが、これがえらい勢いでなくなっていったとか。クルーが飲んでたりお客さんが飲んでたりしてたようで。そりゃあ青空の下で大音響レイブサウンドに包まれたらお酒も進むってもんですわ。

そんなこんなで大盛り上がりだったはんだやレイブ15春でございました。すっかり春と秋の仙台名物となりましたこのイベント。次回開催までがはんだやレイブです。帰りの会では大久保氏から「曲書くんですよね?締め切りとかは」との発言が。次回のはんだやレイブコンピレーションCDが楽しみですよこれ!あとYsano氏が突然いなくなったというハプニングがあったりもしましたが(ツイッター見たら無事だったようです)、この辺もまたはんだやレイブ。


というわけではんだやレイブ、また次回ッ!

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。