Entries

模型つくる部:HMMライガーゼロ編(その1)

突然ですが。

これを組みます。素組みで。多分。

ここ何のブログだったっけ?と、もはや本人ですら思い出せない状況。ゲームレビューを書くところだったはずなんだけど、気がついたらWFレポとか書いてるし、たまにイラストがあがったり。閑話休題。

そんなわけで、HMMライガーゼロを作ろう!はっじまっるよー。

物自体は大分前に購入してたんですが。

…みっちり。
なんというか、一時のガンプラMGを思い起こさせるパーツというかランナー数に、震えて眠らざるを得ない。でも、組みます。積みプラを消化するために。次の積みプラを消化するために。

今回は素組みなので、特別なことはほとんどしない…はずです。そもそもそんな技量ないし。

使う工具もこの3つ。相当前に買ったメーカー不詳の棒やすり、ゴッドハンド社製アルティメットニッパーと普通のニッパー。これだけです。
基本的には普通のニッパーで大まかにパーツを切り出し、アルティメットニッパーで残したゲートを切る、ゲート跡がもし残るようなら棒やすりで削り落とす、といった感じで組み立てていきます。


HMMは説明書が読み応え抜群なのがいいですよね。
新たに考察された設定資料は、それだけでも機体への愛着を深めてくれます。


初日。いきなり頭部完成。
これだけ見るとトミー版とそんな大差ないかな?と思われますが、パーツ数はその比ではなく。牙で4パーツとか変態分割とか、コトブキヤおかしい(ほめ言葉)。


トミー版同様たてがみ部分が展開。口も開くことができます。

2日目は胸部を作ります。


胸部パーツ。大まかなパーツ割ですが、既にこの細かさ。
ゾイドコアもばっちりですよ。


ここにこの前足ジョイント部分が合体して。


胸部完成。パーツ密度から来る重量感は、トミー版とは違う意味でずしりときます。

3日目。

いきなり完成してますが、腰部分。
先端の極太ピンで胸部に接続、ゼロの胴体となります。


こんな感じで。継ぎ目部分に見えるスタビライザーは展開可能です。


そして初日の頭部を合体させると…こうじゃいぃぃいい!
これだけで大分ライガーゼロっぽくなってまいりました。


こっち見んな。

アニメ版当時のキャッチコピー、「ゾイドを動かすのは、君だ!」を思い起こしながら組み立てていくとこう、くるものがありますな。ノーフューチャーノーフューチャー歌いながらこう。
こんな感じでしばらくライガーゼロ組立日記が続きます。
…本当、何のブログだったんだっけ?ここ。

次回予告。

素組み宣言しておいて、いきなりお悩みコーナー。
…この、「分割して独立可動させてもいいよー」と言わんばかりのパーツ割に、どうしたものかと。
いや、ここ分割したら素組みとは言えないんじゃあないか?とか、そんな悩みがぐるぐると。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331

最近の記事