Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第40回目の杜プラ行ってきた。

去る8月27日、仙台のコワーキングスペースmag様にて開催された「第40回杜の都プラモ会・通称杜プラ」の方に参加してきました。今回も色々なプラキットが一堂に会するステキイベントでございましたよー。

で、自分が持っていったのはHMMモルガAA&キャリアーセットと、フィギュアライズバスト初音ミクの2つ。ただし、時間内にモルガ2機セットはまあ無理だよね!というか混乱するよね!ということで、AAの方を事前に組んで持っていきました。実質組んだのはモルガキャリアーと初音ミクになりますか。しかし、ミクさんは被るだろうなーとは思ってましたが、自分含めて4人も被るとか聞いてないよ!あとで紹介しますけど某キットも4体ほど被るし!

ということで、モルガキャリアーですが…途中の画像を取り忘れたので、色々過程がすっ飛ばされております。キング・クリムゾンの攻撃を喰らったかのようにこう。


その前に、参加者様からたべっこどうぶつの差し入れをいただきました。現地でお礼言うの忘れちゃったので、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。何年ぶりに食べたろう、たべっこどうぶつ。

まず頭ができます。

胸部構造ができます。
こんな小さいなりでもちゃんとゾイドコアがある当たり、コトブキヤの執念のような何かを感じます。

頭と胸部がくっつきます。

その後色々あって出来上がりッ!
大半のパーツはモルガAAと共通なんですが、腹部の構成が簡略化されてるせいか、AAよりも余剰パーツがすごいことになります。つかパーツリスト見たときの率直な感想が「こんな余るの!?」だったもんなぁ。
御覧の通り背面のハッチが展開して対空ミサイル発射状態にすることが可能です。
またHMMモルガ独自のアレンジとして、「胸部の車輪を引き出して、スパイクを起こしアウトリガーにすることができる」というのがありまして。これを併用すればよりどっしりとした支援攻撃機気分を味わえます。

ミクさんに関しては別エントリで語りたいので、この場では省略。


先述のモルガAAと並べてみました。
モルガAAは対空砲が取り外せるので、そこにキャップパーツをはめることで通常のモルガにすることも可能です。

で、出来上がった皆さんの作品やら持ち寄った作例やらを。


すごーい!みんな争いはStop it!なフレンズなんだねー!…フレンズ…?
ということでガンプラを改造して作ったビーストコンボイ、ビーストメガトロン、ライオコンボイ、そしてかばんちゃん。ネタとしても秀逸ですが再現度のすごさもすごいです。

フレームアームズ・ガールは今回も健在。スコープドッグのようなターレットレンズがイカス改造ですなぁ。

グシオンリベイクもミリタリー色の強いカラーリングに。こうして見るとやっぱりオルフェンズのガンダムシリーズは悪魔から名前を冠したせいか、いい意味で物騒なフォルムが多いですな。

記憶に間違いがなければウェーブの旧キットテムジン&ライデンじゃないですか!テムジン持ってたんですけど、足の合いが悪くてすごい手こずって、そのまま挫折して行方不明になった記憶が…。こうして見ると今の目で見ても十分鑑賞に堪えうる出来ですよね。

フレームアームズ・ガールから3体セット。それぞれ得意な戦域を想定して作ったとのことで。改造プランは無限大だ!

見事に被ったミクさん胸像4体。圧巻ですな。というか素組みでこの完成度!ミクさんすごい!

あったしはーこうやのーはっこびやさぁー。数少ないゾイド勢からDスタイルグスタフ。流石にここにモルガを並べるのは無理があったかもです(汗)。




もう一つの被りアイテム、フレームアームズ・ガール充電くん。あちこちに潜んで暴れてました。中には充電くんであったであろう物まで。ネタに走る作例ばかりでしたが、ギガンティックアームズとの相性も良くプレイバリューも高いので、これちょっとオススメアイテムかもしれません。

戦車と土のうと対地砲と。こうして並べると非常に絵になりますなぁ。戦車の汚れ具合も素晴らしいです。…戦車力高めよう。

例のシーンの再現…に見えますよね?

そしてまだあった被りアイテム、GM/GM。…1機ガンダムヘッドがいるぞー!?GM/GMもHGBFらしい、改造素体にしても良し、そのまま組んでブンドドしても良しというキットなのでオススメらしいですよ?

ぷちゅあらいずガルパンあんこうチーム。実はこっちを買って持っていこうと目論んだんですが、5体は無理だろうということで断念してたんですよね。瞳はシール再現とはいえ素組みでもこれだけの色分け。ミクさんのレイヤードインジェクションばかりに目を奪われがちですが、やはりバンダイの技術力は変態レベルだわ。

スーパーミニプラ大獣神。残念ながらプテラノドンは間に合わず、この4体のみに。しかしこのサイズながらちゃんとダイノタンカー、大獣神へと変形合体して、今のミニプラ同等に動くんだから、バンダイキャンディ事業部もやっぱり頭おかしい。

メガミデバイスも結構ありました。しかし店頭だとロードランナーしか見かけないのはなんでなんだぜ?こっちの沼からも手招きされてるんだよなぁ。

マシーネンクリーガーもあり。こっちにまで手を出したらもう戻ってこれなさそうな気がするので必死に自重しております。

お隣の方が組んでらしたガーベラテトラとストライクフリーダム。ガーベラテトラ…いい…。GP04ガーベラもHGUCで出ませんかねー。

青いチナッガイ。誰だ今ドラエさんって言ったの!?チナッガイも買おう買おうと思っているうちにギャン子まで…。さて、バンダイのこの挑戦はどこまで続くのでしょうか。

出力40%オフで出る!ということでメガサイズユニコーン。このサイズだと頭部と胸部パーツだけで胸像キットと言い張れますよね。脚のサイズも一般的なMGクラスガンプラを軽く超えてますし。

あと時代は盆栽だそうです。華さんが言ってるんだから間違いない。
ということで、つぎのもりプラは、ぼんさいとくしゅう!しちょうりつはいただきだ!\ウソはいけません!/

最後に手前味噌で恐縮ですが、ツイッターで組んでる組んでる言うてたバルバトスルプス。ひざ下から足元にかけてをMr.カラーのウェザリング塗料で適当に汚してみましたという。…トップコートの吹き付け失敗してるのは内緒ね。

こんな感じでキリのいい40回記念の杜プラは無事終了。次は9月9日、仙台市民会館という初めての場所での開催になります!自分は参加できるかどうか未定ですが(そもそもゾイドがそろそろ中型・大型機体しか売ってないという事態に陥り)、今後の杜プラにもできる限り顔を出していきたいと思いますので。その際はよろしくお願いいたします。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
Twitter:https://twitter.com/dj_minamo
Pixiv:http://pixiv.me/dj_minamo
imagis:http://imagis.jp/user/7331

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。