Entries

進捗どうでしょう -杜コミに出るみなもさん2・最終夜-



こんばんは。進捗どうでしょうです。
2019年最新作「杜コミに出るみなもさん2」。いよいよ当日を迎えたみなもさんは結局どうなったんでしょうか。

なんというか…人すごっ!?
今回は同人即売会の方は東北三姉妹・ボカロ・ボイロ・オリジナルと限定されていたのに対して、コスプレの方はオールジャンル、その上イービーンズ9階はもちろんその上の方や3階シールプリント機コーナーまで使えるとあって、おそらくそちらでの参加目的で並んだであろう方々の待機列が異様なほどに延びまして。あとで運営委員の堀越さんとお話ししたんですが、何でも9階スタートの待機列が2階くらいまでに達していたとか。ちなみにコスプレの方は即売会終了後も撮影時間が少しだけ続いていたので、アフターイベの後ろで撮影会という光景も。それは後程。

さて。今回のみなもさんのスペース配置はといいますと。
前回お隣だったサークル様とまたお隣同士という不思議なご縁が。
そして向かいはコッショリスペース。ええ、公式さんに見つからない謎のスペースでございますよ(要はざーごにょごにょゾーン)。
そのコッショリゾーンの隣で、何やら謎のSATSU-GUY現場が!いや、目指し帽被った黒ずくめの人(アマゾンドライバー装備)が、知り合いらしき方(コンセレドラグバイザー装備)にやたらめったら何かを注入するという光景が。コッショリゾーンよりそっちのほうが気になったわよ!

スペースの方にはうまい棒三本にイービーンズロゴのあしらわれたマシュマロ、そして東北三姉妹の入浴剤が。実はこれ、イービーンズ様からの差し入れだったとのことで。ありがたくいただくことといたします。
無事設営も完了して11時開幕。開幕ダッシュという物騒なことも起きず、なんというか、のんびりまったり人々がやってくるのですが…コスプレゾーンの方がえらいことに。そう、十分な更衣室スペースを確保したにもかかわらず、待機列がまたえらいことに。オールジャンルのコスプレ可となると凄いことになりますな。ましてやイービーンズでコスプレイベントとなると尚更。

その後バーチャロンオフ以来の交友関係となったキサキチさんや、杜プラからの交友関係となった宇印座さんとしゅましさん(しゅましさんは今回が初サークル参加だそうで。宇印座さんはそのお手伝いという形で参加されてました)、いつの間にか運営スタッフとして参加していたダンさんともちょいとお話したりと。見知った顔の方に来ていただけるというのはうれしいものでございます。

なお、アマゾン細胞注入現場はずっと続いていた模様。

その後、イタコ姉さまフィギュアを買いに行こうと目論むも、タイミングを逃して失敗した失敗した失敗した(朗読:田村ゆかり)となって、現地でイタコ姉さまの色紙を描こう作戦を失敗してるんですが、そこはそれ。朝起きて即ずん子さんときりたんの色紙を描いたので、そっちを景品に回すことに。

というわけで、戦利品はお隣のサークル「現代消防装備研究会」様の本と、しゅましさんのサークル「きまま式」様のキーホルダー。というかほぼずっとスペースにいましたので…。

15時半をもって同人即売会は終了。ちょっと時間が押しましたが16時からアフターイベント。
こちらは東北三姉妹の生みの親、だけどお父さんとは呼ばないで。東北ずん子は俺の嫁と豪語する、SSS合資会社の小田社長によるトークショーと、参加サークルの皆様から賜った景品の抽選会の2部構成。
小田社長から語られたというより質問を受けて答えられてたのが、「何故に東北三姉妹グッズはああも本格的な作りになってしまっているのか」という点。実際今回の公式ショップに並んでいたのは…枝豆クッション。もはやずん子さん関係ねぇ!?いや、ずんだの原料だから…ありっちゃーありか!?と道行く人々を悩ませたとか、悩んでたと思ったら買っていたとかどーとか、そんな感じでお買い上げになられた方多数という代物だったのですが、「これ寝具屋さんに発注して作ってもらいました」。マジか。
ちなみに今企画を考えているのが「東北三姉妹アクリルハンガー」。要するにハンガーのフック部分に東北三姉妹の顔をあしらったら面白いんじゃあないかというものなのですが、実現するとなると発注先によってはえらいコストがかかるという話になり。一同からはどうしてそこまでするんだ!もっとやれ!という声があちらこちらから。
そんな感じで突き進む東北三姉妹グッズの、次はどっちだ。

16時半くらいから抽選会の開始。こちらは前回同様、事前に渡された抽選券の半券を抽選箱に入れて、それを司会の方やずん子さん、サークル主様が引くというシステム。で、ここでとある事件が起きるのです。
自分のサークルの番になりまして。20秒宣伝アピールも何とかこなし、あとは自分が抽選箱から引くだけ!お膳立ては十分ですよ奥さん!そして読み上げられる番号!やってきた当選者は!

…うちのスペースの目の前でずっとアマゾン細胞注入ーッ!ってやってた方でした。
「あっ!あなたは!うちのスペースの前でSATSU-GUY現場をやらかしてた方ッ!」
「いやいやいや、あれはアレですよ!アマゾン細胞をこう!」
突発で始まった即興劇に、司会者の方の一言。
「…これ、20秒アピールルール適用したほういいかな?」
「あ、大丈夫です。すぐ終わります」

ちなみに自分は見事にハズレ。番号的には惜しかったところもあったんですけどねー。

最後はずん!だー!コールで無事終了。いつかまた第3回が開催されることを祈りつつ、皆様それぞれの帰途へ着きましたとさ。

自分はというと、このあと19時からのオフ会に参加すべく地下鉄で勾当台公園まで向かい、そこから飲み屋さんへ。一応年齢認証はしましたが、服薬してる身というのもあるんですが、飲みすぎてえらいことになった経験が2度ほどあるんで、ノンアル&ウーロン茶で通しておりました。そこで飛び交う名刺の嵐に、自分も作っておいたほうがいいかなーと思ったりなんだり。しかしながら皆さん若い若い。余りの若さにお父さん、いやぁ、若いっていいわねぇと漏らすところでございました。

そんなわけで盛りに盛り上がった杜のコミフェス2。近い将来第3回が開催されることを祈りつつ、この原稿を終えることにしたいと思います。

…さて。次は5月の杜の奇跡じゃな。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
ツイッターはこちら。
Pixivはこちら。

積みゲーと積みプラを増やしまくる2C歳児。
年に数回ほど、仙台の同人即売会イベントにて、サークル「ふろうれっと工廠」で出没中。

同人連載漫画「げとれり」試し読みという名のWeb再録はPixivにて。
試し読みはこちらから

月別アーカイブ