Entries

模型つくる部・HGUCグフカスタム編 その2

進捗さらしをすっぽかしてましたが、何とか本体は完成しました。ええ、なんとか。





胴体ができました。

合わせ目が目立たないパーツ構成になってるので、このままいきます。
…が、胸部のクリアパーツのマスキングが面倒くさそうなので、一旦バラして取り外します。
ちょっとやりたいこともあるので。
あと動力パイプの軟質素材部分もパーティングラインが目立つので、ここも120番から400番の神ヤスで消したいと思います。


腕の組み立てに入ります。
肩関節ブロックとひじ関節ブロック、肩アーマーは合わせ目が目立つので、接着して合わせ目を消します。


消したのがこちら。
ちなみに肩アーマー以外は合わせ目が目立たない箇所に来てたというオチ。


右腕ができました。
本当はヒートロッドの先端パーツが付くんですが、小さいパーツなんで、まだ付けないでおきます。


左腕ができました。
グフ特有の曲がりスパイクはタミヤ流し込みセメント速乾タイプで固着します。

脚にいきます。


つま先は合わせ目が目立たない構造なのでこのままいきます。


すねアーマーの後ろ側は合わせ目が目立つので、ここだけ接着して合わせ目を消します。


きれいに消えました。


膝関節ブロックと足の付け根ブロックも一緒に。付け根の合わせ目はもも部分アーマーで隠れるので、上部のパーティングラインを消すだけにとどめておきます。…あとで気づいたんだけど腰アーマーで隠れるんだけどね。


すねアーマーの完成。


脚はこんな感じで。


クリアパーツでやりたいことというのがこれ。
胸部のクリアパーツとモノアイ部分のHアイズの後ろにラピーテープを貼りこんで、光って見えるようにします。


Hアイズはセメダイン模型用接着剤でモノアイ部分に接着。
接着後クリアパーツがくもらないという優れものでございます。


軟質素材の動力パイプに首のポリキャップ、胸部クリアパーツや肩関節ポリキャップカバーなど、いったん外すパーツは袋にまとめておくことにします。


頭部はこんな感じ。
ホントは動力パイプとモノアイが付くんですが、マスキングが面倒なのと、前述のパーティングラインが気になったので、それぞれ外した状態で仮組です。ブレードアンテナは安全のためのでっぱりを切り落として、その跡を削りこみます。あんまり削ると薄くなって折れやすくなるので(ガンダムのアンテナでやらかしました)、厚みはそのままにしておき、これまた流し込み速乾タイプで固定します。



頭部以外をいったん組み上げて、リューターでいろいろと傷をつけていきます。
ガンプラに関しては汚したくなるとか傷をつけたくなるとか、そういうことをしたくなってしまいます。師と仰いでる方の影響でしょうか。


で、バラして洗浄にかけます。
なお、超音波洗浄機とかそんなハイテクすぎてそんはない代物なんてあるわけないので、お湯に中性洗剤を垂らして、その中でごしごし洗うことになります。面倒ですが、脂が付いてるとサフのノリが悪くなりますんで。
(バンスピキットはそうでもないんですが、ブキヤキットとかは離型剤がそのまま残ってることがあると聞いてますので、念入りに洗うことにします)

さて、この後サフを吹くことになるのですが、とんでもない状況がみなもさんを襲います。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
ツイッターはこちら。
Pixivはこちら。

積みゲーと積みプラを増やしまくる2C歳児。
年に一度か二度ほど同人即売会イベントにて、サークル「ふろうれっと工廠」で出没中。
主に杜の奇跡を主戦場とす。

同人連載漫画「げとれり」試し読みという名のWeb再録はPixivにて。
試し読みはこちらから

最近の記事