Entries

模型つくる部・HMMライガーゼロパンツァー編 その3

はい。今回からライガーゼロパンツァーの塗装に移りたいと思います。
やることは簡単ドライブラシなんで大丈夫でしょう。はっはっはっ。

…そう思っていた時期が、自分にもありました。


脚部と首部、キャノン砲の動力パイプとシリンダー部分を塗り分けます。
脚部のシリンダー部分は金の成型色でパーツ分割されてるんですが一色成型なので、パイプ露出部分をファレホメカカラーのスチールで塗り分けていきます。

動力パイプもスチールで塗り分け。

乾燥したらファレホ蛍光イエローを上から塗り重ねていきます。だいぶいい感じになってきました。

アンカーのシリンダーも同様に重ね塗りで。

部分塗装が終わったところで、今回の肝となるドライブラシに移ります。
まずはファレホメカカラーのホワイトグレーを全体に…と思ったんですが、このホワイトグレーが粘度が低い、つまりゆるゆるな感じだったので、ティエレンで使ったこすりつけ方式で塗るにはかなり厳しいことが判明。
…迷ったときはノモ研を開け!の教えに沿って読んでいくと…。

「筆を叩きつけて色をのせる方法もあります。こちらは面積の広い部分や筆跡を残したくないとき、しっかり色をのせたい時に」

ほほぅ!ならば試してみようということで。


頭部にその叩きつけドライブラシを施してみた画像がこちらになります。
アンテナ部分にちょっとこすりつけドライブラシを試そうとした跡が見えますが、イメージとしては結構いい感じになってくれました。

胴体にも同様に叩きつけドライブラシを施していきます。素体の白成型色部分はそのまま。

キャノン砲でビフォーアフター。全体的に白く雪が当たってる感じを出せたでしょうか。
…でも全体的に塗っちゃったから前述のパイプの塗り分けが潰れてしまった気が…しなくも…。

脚部にもホワイトグレーを塗っていきます。
下地色的な意味合いも兼ねてるので、ちょっと薄めのドライブラシ処理といった感じになってます。


後ろ脚でビフォーアフター。


これにてホワイトグレーによる第一段階の塗装は終了。


今回使った塗料。先ほどまで塗っていたファレホメカカラーのホワイトグレー、次にメカカラーのオフホワイト、ノーマルホワイトの順に塗っていきます。ティエレンとは逆に明度を上げていく作戦です。白系統色で明度を上げていくのは…正直目に厳しいものがありました…。歳だな。


わかりにくいかもしれませんが、頭部に同様の方法でオフホワイトを塗ってみました。
イメージとしては前と上の二方向から雪がブワッと飛んできてる感じを出したかったので、その感じで塗っていきます。

逆光気味でわかりにくいかもですが、胴体も同様に。

またまたキャノン砲でビフォーアフター。
下の方がオフホワイトを叩きつけた側になります。上と前に雪が厚く当たってる感じを出せてるでしょうか。

頭部、胴体、キャノン砲はこんな感じで第二段階終了。

脚部も同様に塗っていきます。後ろが成型色がうっすらな感じになってますけど、この辺もバランスを見て調整していきます。

上の方真っ白ー!

左前脚を塗り終えたところです。感じ、出てますかね?


脚部と尻尾も第二段階終了。

さて。最後にノーマルホワイトを塗っていきますよ。と思って塗料を皿に出したら…。

みょるっ。

…オイ。メカカラーより粘度高くないかこれ?
もしかしてファレホって、レーベルごとで粘度違うの?うーむ、もうちょっと調べないとダメかもしれんねー。それはさておき。


頭部にノーマルホワイトを塗装していきます。今回もオフホワイト同様、前と上に雪がきてる感じを意識しつつ、全体のバランスを見ながらの叩きつけドライブラシで。
イケメンだ…。

胴体も同様に、意識するところは変えずに。

三度目のキャノン砲ビフォーアフター。とにかく上方向と前方向を意識して。

左右の前脚でもビフォーアフター。後ろの方も少し強めにノーマルホワイトを叩きつけてみます。

後ろ脚でも以下同文。

尻尾も上方向からたたきつける感じで。

これで全体のドライブラシ行程は終了しました。あとはトップコートを吹いて全体を組み付ければ完成になります。
…組付けるのはいいんだけど、HMMゾイドはブロック単位でばらすのが大変なんだよね…(遠い目)。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:みなもりゅうぞう
ツイッターはこちら。
Pixivはこちら。

積みゲーと積みプラを増やしまくる2C歳児。
年に数回ほど、仙台の同人即売会イベントにて、サークル「ふろうれっと工廠」で出没中。

同人連載漫画「げとれり」試し読みという名のWeb再録はPixivにて。
試し読みはこちらから

月別アーカイブ